米澤穂信著「インシテミル」

米澤穂信さんの二冊目。前回の「儚い羊たちの祝宴」は途中から私はダレてしまいましたが、今回は最後まですんなりと読破することができました。このミスで1位に輝くだけあって、「すげぇな〜」と思える読み応え十分の一作でした。 時給 … Continue reading

小川洋子著「猫を抱いて象と泳ぐ」

小川洋子さんの作品を1年ぶりくらいに読破。長編となるとさらに久しいのではないかと。問答無用で好きな作家さんの一人なので、たぶんに色眼鏡をかけて感想を書いてしまうことになるのだけれど、やっぱ最高ですね小川さんは。ぐうの音も … Continue reading