Came Home

久々の海外種牡馬考察です。最近は納期に追われる日でしたが、追われるばかりで何も捗らないので、ここらで気分転換、好きなことをタイプしていこうと思ったわけですよ。 で、今回はケイムホーム。「ただいま」みたいな意味で、たぶん父 … Continue reading

Empire Maker

エンパイアメーカー。「empire=帝国」「maker=作者」みたいな意味なので、合わせて「建国者」みたいな意味合いでしょうか。 自身の現役時代はフロリダダービー、ウッドメモリアルS、ベルモントSのGⅠ三勝。三歳で引退し … Continue reading

Snitzel

久々の海外種牡馬考察はスニッツェル。英字表記がかっこいいですね。今のうちにまとめておかないと後悔しそうなので書いておく次第です。 自身の現役時代はオーストラリア短距離路線。オークレイプレートという1100メートルの豪州G … Continue reading

Henny Hughes

ヘニーヒューズ。由来はおそらく……人名かな。未確認です。 先日行われた芝1200メートル三歳GⅢファルコンステークスにて、産駒ヘニーハウンズがいきなりの重賞制覇。一挙に知れ渡る種牡馬となりました。 持ち込みもしくは外国産 … Continue reading

Falbrav

今最も頭を悩ませてくれる海外種牡馬がこのファルブラヴ。名前の柔らかさのわりに、色々な意味で、ブレが大きいというか、来る来ないの境目を見出せない産駒が多いのが個人的な印象。しかし将来性では今最もホットな海外種牡馬の一頭でし … Continue reading