岡崎善生著「将棋の子」


一気に読んだ。これほどいい本に出会ったのは久々かもしれません。

プロ将棋界の登竜門である奨励会。ここでは名人を夢見る若い棋士の卵が、毎日しのぎを削るようにして研究と実践の日々を過ごしています。奨励会には年齢制限が設けられていて、26歳までに四段へ昇段しないと退会しなければなりません(情報に疎いので確かなことはいえませんが、現在は編入など色々な制度が設けられていると思います)。
夢半ばにして折れ、奨励会を退会した若駒はその後どのような道を歩んでいったのか。将棋会連盟編集部のデスクで10年編集長を務めた著者からの視点で物語は進められます。

まずはじめに書いておきます。これは将棋好きな人もそうでない人も、一度手に取られることをお勧めします。これほど人生の芯を真正面から突いてくれる作品はそうそうないと、やはり若駒である僕は思った次第です。いつか敵陣へ突っ込み金へ裏返る夢を持つ人向け(?)です。

著者の岡崎氏が実際にこの目で見てきた夢と現実の境い目。厳しくもあり、ときには優しくもある将棋の世界。年齢制限により去っていった若者たちのその後を語ることで、将棋界に渦巻く「黒い部分」を暗に描きます。

冒頭は、将棋界を去った若者の一人成田に会いに行くところから始まります。「なんだか旅行記みたいだなあ」と、ノロッとした立ち上がりにそれほど期待感は持ちません。

序盤はゆったりとした回顧録、中盤から一気に盛り上がりやめ時を忘れさせ、終盤では涙腺の緩むのを抑えきれない過激な人生のデッドヒートが待っている。まるで将棋の一連の流れのようでした。

人物の描き方、人間模様を描き近しい存在のように感じさせ、なおかつその人の生き方からこちらも学ぶべきものがあります。司馬遼太郎氏の歴史小説に匹敵する価値があります。

棋界の一見してストイックで色とは程遠い世界に興味を持っていた僕でなくとも、この作品に込められた想いを感じ取ることはできると思います。

また、昭和最後に彗星の如く現れた羽生世代を、まるでのどかな農村を突如襲う鬼の集団であるかのように描いているのも面白く感じました。羽生世代の荒波にのまれ、残ったのは黒星の山だけ。それ以前の将棋の常識を覆す彼らを恐るべき存在に仕立て上げることで、溺れ苦しみ結果去っていった奨励会生の心情を浮き彫りにさせます。漫画的な手法ですが、僕はこれが読み物として正しいものと思います。そして本当に、羽生世代は凄かったんだなと改めて感じるのです。

書きたいことがある。著者岡崎さんの、情熱に押されるがままに描いていく若者たちの姿は、目に涙を溜めずに追うことはできません。やばいっす。感服したっす。

作品にはリリー・フランキーさんの「東京タワー」を髣髴とさせるマザコンで優しい青年が登場し、彼を中心に紐解かれます。26歳で退会した彼らがその後どのような生き方を選ぶのか、もしくは選ばざるを得ないのか、その現実を目の当たりにしてください。

岡崎氏の本はもう一冊あって、こちらも今から読もうと思います。

図書館で借りた本ですが、これはいつも手元に置いておきたい一作でした。近いうちに書店で新書版を入手しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。