スパロボD オススメ(非オススメ)ユニット


寝る前にちくちく進めて終盤に差し掛かってきました。今作はターン数を条件とした隠し要素が皆無なため、比較的のんびりまったりと進めることができます。逆をいえば張り合いがなくてつまらん。
アムロ・シャア・カミーユ・ジュドーの元祖ニュータイプ主役級の合計撃墜数を、終盤までに400にすればハマーンさんが仲間になるという隠し要素があるのですが、正直ダルいし結構きついです。だから今回のプレイではあきらめ、全キャラを平らに育ててみました。

パイロットに「回避+15」や「射撃+20」といったスキルパーツを装着できること、また当時では新要素でもあったパイロット養成で好きな能力を伸ばせることを考慮すると、パイロットの本質的な能力部分での差はほとんどありません。どれほど魅力的な精神コマンドを取得するか、ここにかかっていると思います。パイロット固定であるユニットならば、さらに機体自身の火力や複数乗りであることが評価の分かれ目です。

それらを加味した上で、今作最も使えることのできるユニットは自然と決まります。

コスモクラッシャーです。間違いありません。

ゴッドマーズに出てくるどうやら援護系のミニ戦艦のようですが、宇宙破壊者という仰々しい名前からも想像できる通り大した破壊兵器です。

最大で五人乗り、メインパイロットのケンジは援護攻撃に優れ、サブパイロットの面々の豊富な精神コマンド、機体はサイズ小さめで回避率高しと、夢のような能力を備えています。敵陣にがしがし突っ込ませ殺戮兵器と化してもらいましょう。ほんとはただの補給機なんだけどね。
とにかく序盤から資金をつぎ込んで、エネルギーと運動性、そして火力を上昇させることをオススメします。パイロットには回避UPや射撃UPのスキルパーツを、強化パーツはハロを搭載させるといよいよ鬼。早期決着推奨の本作ではありませんが、短気の僕にはうってつけなマシンでした。

他に使える機体を探してみるのですが・・・・・・どれもどっこいという印象です。強いて挙げるならばV2とZZは火力が高くマップ兵器も備えていて抜群の真価を発揮します。同じ観点でスーパー主人公後継機も反則的な強さ。しかもルートによっては二人乗りになるので隙がないです。

逆に使えない機体、残念だった機体を挙げるとするなら、間違いなくファンネル搭載機ですね。

ファンネルが移動前しか使えず、移動後攻撃可の武器といったらちゃっちいビームライフルくらい。敵が攻めてくるのを待つ受け戦法なら効果あるのかもしれませんが、僕はどんどん敵陣へ突っ込んでいくタイプなので雌伏タイプのファンネル機は全くのアウトオブ眼中でした。しかも大して避けない。
せっかくνガンダム同士で合体攻撃ができ、しかもパイロットのコンビごとに特殊なセリフが用意されていて必見ものなのに、毎度乗り手を換えて出すほどの価値がない。残念です。

この頃からUCガンダム系に蔭りが見えていることは間違いありません。新作スパロボから完全に外されていることからも、着々とガンダム離れは始まっています。そしてそれは正しい判断だと思います。ストーリーが無意味に重くなったりしますからね。特にカミーユはいちいちセリフがヘヴィだ。ニュータイプはウッソたちだけで十分だったように感じますね。

次回は恒例のパイロット考察の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。