PS版「スパロボEX」パイロット考察 リューネ編

スパロボEXパイロット考察。前回のマサキ編に続いてリューネ編になります。もうだいぶ前に終わっていたのですが載せるのを忘れていました。だからどうってわけでもないんだが。

登場する作品はまずガンダム系。νガンダムやZガンダム、ZZからプルとプルツーだけが出てきます。あ、あと閃光のハサウェイ。ダンバインからはオーラシップのどちらか(詳細は後述)、そしてオーラバトラーはガラリアただ一人。スーパーロボットはゲッター・グレンダイザー・ゴーショーグンと厳つい。

話数はマサキの章よりも短め。ストーリーもコンパクトにまとまっていて、個人的にはマサキの章より好みなのですが、どうもリューネが好かないです。あと、シュウの章のあとにリューネの章をやると、黒い三連星を仲間にすることができるのですが、都合「マサキ→リューネ→シュウ→リューネ」と折り返さなければいけないため、そこに至るまでが大変。そこまでして仲間にしたいとも思わないよ。

あと、マサキの章が「易しい」に対してリューネの章は「普通」と難易度が設定されているそうですが、二回行動キャラの数から考えても、リューネの章のほうが簡単に感じられました。単純に機体数の差とかだと思うのですが、個々の機体を見るとνガンダムやゲッターがいるし、パイロットは二回行動キャラも多いので、戦略を練りやすいと思います。


魔装機神系

メイン機体はヴァルシオーネとグランヴェール。他にジャオームとガディフォール。正味パイロットが4人しか加入しないので、マサキの章のように誰を乗せるか悩んだりはしません。修理機ノルスもないし。
キャラのポジションが確立されていて、物語もわりと楽しめる章です。ケルナグールらドクーガ勢や聖戦士たちも活き活きしています。やっぱスパロボは、これくらいの少数精鋭でやってくれたほうがストーリーに味が出るよね。ビジネスライクで大容量つめ放題な現在では不可能だろうが。

リューネ……ヴァルシオーネのパイロット。能力値は高いが精神コマンドの習得が遅い。機体は気力110じゃないと解放されない武器が多いので「気合」は戦闘開始直後速やかに使いましょう。全話出撃なので強化も抜かりなく。マップ兵器はマサキ同様移動後可な上仲間を巻き込まない仕様だが、火力は低め。燃費が悪いので二回行動の恩恵もあまり……。時間軸が第3次後なので父親は死んだことになっています。あとマサキにデートをすっぽかされたことも根に持っている。

ヤンロン……グランヴェールのパイロット。武装は豊富だが装甲が紙。回避ユニットというわけでもないので、前に出すのは怖い。マップ兵器も使い勝手がいまいちだ。自分の場合は「挑発」要員に成り下がってしまいました。物語上はその真面目な性質が買われて見事な説明キャラを演じています。しかも彼の場合インテリ臭がしない上に、リューネのボケもしっかり拾っていくので安心してやり取りを楽しめます。

ゲンナジー……寡黙。どういうポジションなのかすらつかめなかった。「鉄壁」を有効利用するため機体の装甲を上げてみたが、そもそも火力が低いためいい的にはなってくれませんでした。後半は移動力にも難が出てきます。射撃値等、能力自体は悪くないんですけどね。

ザッシュ……なんとCVが坂口さんだ。ラスト数話しか仲間にならないため声を聞く機会は少ないです。乗ってくるガディフォールはリーチが長く燃費も良い。精神コマンドも「熱血」やここぞというときの「愛」が彼らしさを引き立ててくれます。他のサイバスターシリーズにも出てるのだろうか。

ダンバイン系
マサキ編パイロット考察にて触れていますが、ISSというリンク機能を利用した場合、オーラシップはマサキの章で選ばなかった方が加入しています。というわけで自分のプレイではシーラさんが加入。オーラバトラーはガラリアだけ。これはこれで面白いと思う。

シーラ……二回行動が30レベルとわりあいに早い。ただエレさんと違ってシップにマップ兵器がないので、ちまちまと削り役や囮役に徹してもらうことが多いかもしれません。そうか、今気づいたが、ISSのおかげで誰が加入するか分からないから、システム上の煩雑さ回避で物語中に全く登場しないのか。だからトッドも出番ゼロだったのか。

エル……サブパイロット。「挑発」がメイン。「脱力」を使うほどポイントに余裕はなさそう。最後に「補給」を覚えるらしいが、習得レベル50はムチャ振りもいいところ。あと声がうるさい。

ベル……サブパイロット。「幸運」を覚えるのでオーラバトラーのサポート役にぴったり。39レベルで「気合」らしいがちょっと無理がある。

ガラリア……原作では凄惨な死を遂げるガラリアさん。スパロボEXリューネの章では間違いなくエースパイロット。なぜ彼女をここまでよいしょするのか、制作側の意図が掴めませんが、しかしこれがEXのいいところなわけで。回避値が高く二回行動も現実的、「熱血」「加速」とツボを押さえています。唯一の無駄は「鉄壁」。「集中」か「ひらめき」を覚えてほしかった。自分の場合はベルを同乗させました。

ガンダム系
なぜか女キャラが多く、しかも恵まれた性能を持っています。機体はνガンダム、中盤入手のドーベンウルフとキュベレイあたりが主役機か。地味だがギラ・ドーガも悪くない。唯一の修理機メタスも参戦。
ニュータイプや強化人間が多く、機体の性能をそれなりに上げていれば避けてくれるので、やはりこの点でマサキの章よりも楽さを感じることができます。

アムロ……最初から二回行動。回避の高さは折り紙つき。が、νガンダムの運動性をMAXにしたとしても、町や森の地形効果がないと不安。というか、武器についている命中プラスは回避性能に関わらないっぽいので、いくらパイロットや機体が強くても当たるときは当たるんだよな。ストーリー上はそこそこ顔を出していたと思います。ベルトーチカとチェーンも途中で仲間になったと思うんだけど……どこいった。

カミーユ……残念ながらビーム武装のZガンダムは途中で格納庫ウォーマーに格下げ。カミーユはドーベンウルフあたりに乗せるのがいいでしょう。ただ回避スキルを持っていないので過度な行動は禁物。最後の最後まで冷や冷やものでした。二回行動の早さは評価できるが。寝言を言ってファを怒らすシーンが本編中での彼の山場。

ファ……ガンダム系パイロットの中では上位。「ひらめき」「幸運」「努力」「熱血」と、精神コマンドの充実が能力の低さをカバー。二回行動も33と普通に到達できるレベルなので、キュベレイでもなんでも乗せてみてくださいって感じ。色々セリフ聞けるしね。この晩成ぽさがたまらん。

ハサウェイ……物凄く浮いている。メンバー唯一の「かく乱」を覚えるのが特長。二回行動は38なのでぎりぎりいけなくもない感じだが……到達したとしてなんのメリットもない。回避スキルがないので戦闘には不向き。

ケーラ……あまり出撃の機会がなかったですが能力自体はまずまず。回避スキル皆無なので捌きにくい印象です。物語上はやたらと茶々入れてきてたけれど。

フォウ……この時代のフォウさんの評価はかなり低い。射撃値がメンバー最弱かな。反面格闘値が高いのですが、何に乗せろというのか。ただ二回行動が早い上、「ひらめき」があるので重宝はするのです。地形適応陸Bなのは泣き所。サイコガンダムでも持ってきてくれればよかったのに。

エマ……「努力」「熱血」「信頼」とツボはおさえています。ニュータイプでもないのに意外と二回行動も早いし。精神コマンド4つまでしか覚えられなかったけれど、あと2個はなんだろ。

プル……ファと並んで終盤のエース。「ひらめき」「幸運」のコンボはありがたい。なにしろ金策に奔走させられるので「幸運」キャラは一人でも多くいたほうがいい。ジュドーがいないのでいまいちノリが悪かったですが、物語への介入がほぼ無理なガンダム系の中では頑張ってしゃべっていたほうだと思う。

プルツー……せめてキュベレイがもう一機あれば……。「努力」「熱血」があるので及第点の能力だけれど、毎回出すほどの強みはないです。若さゆえか技量が低い。物語への介入は一切なし。

ゲッター
加入時からゲッターG。三人乗りなので運用に苦労することは全くない。シャインスパークとENさえ上げておけば後半最大の削り役となってくれます。ドラゴンは空、ライガーは地、ポセイドンは海と、適正がはっきり分別されているので、正直ドラゴン固定な感じではあります。

リョウ……序盤は大した能力を持っていないが、「熱血」を覚えた途端めちゃくちゃに強くなる。おまけに格闘値の伸び方も尋常じゃない。「気合」を唱えていきなりシャインスパークを使うことも可。ただ戦闘以外での活躍の場は設けられていない。真面目キャラはヤンロンがいるしね。

ハヤト……「ひらめき」と「幸運」要員といった感じ。気力130を越えるとライガーが分身してくれるが、あまり拝める機会は少ないんじゃなかろうか。ゲッター自体の体力と射程に難ありなので、囮とするにはとても不安があります。キートンさんの声が聞ける滅多にないチャンスなんだけどね。

ベンケイ……完全に「激励」要員。しかもガラリアに使うための。余ったPで「努力」、これでゲッターはみるみる成長していく。ポセイドンにチェンジする機会はほぼゼロなので、物語中ともどもセリフを聞くことはほとんどありませんでした。つるかめつるかめ。

マジンガー系
というかグレンダイザーただ一機。最初から装甲とHPが高いので削り役に徹することはできます。書くことといえばそんくらい。

デューク……精神コマンドが残念すぎる。戦闘向きなものがほとんどない。「てかげん」あるくせに技量低いし。顔のわりにネタ扱いだなこりゃ。山ちゃんが泣いているよ。

ゴーショーグン
三人ともに声優がかっこよすぎるので頻繁に使いたくなります。マサキの章ではスポット参戦でしたが、こちらでは中盤以降のメンバー入り。均整のとれたゴーショーグンではあるが、装甲は紙っぺらなので注意が必要。せめてもう少し射程があってくれてもよかった。

真吾……「気合」要員だろう。「熱血」はだいぶ後半なので計画的に育てないといけないかも。格闘射撃ともに高い珍しいタイプ。ちゃんと強化いていればそれに応えるだけのポテンシャルがありそうです。ただ攻略などを参考にしないプレイの場合、マサキ編同様いつ抜けるかのジレンマに襲われるので、過度な資金投入を控えたくなってしまう。

レミー……「ひらめき」専用。「幸運」を覚えたのはラストステージでした。大化けする可能性は大いに秘めているんだなあ。イレギュラーの中では無頼な活躍をするグッドサンダーチームなので、わりと会話に出てくることが多いです。

キリー……「熱血」専用。それくらいしかコメントがないです。

とまあリューネの章でした。黒い三連星加入ルートはいずれやりたいところだが……まずはシュウの章からですね。ってシュウの章も終わってるんだが。また後日載せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。