FP3級対策「リスク管理」

引き続き、ファイナンシャルプランニング検定3級対策、数字に関する覚え書きです。

今回は「リスク管理」。前回の「ライフプランニングと資金計画」に続いて重要なところです。生命保険とか火災保険とか、「入らなくてもいいけど、入ってたほうが何かと安全だぜぇ」ってやつですね。電化製品を買ったときにもれなく勧められる延長保証なんかも、ここのくくりでしょうか。

一見最も数字に関わりそうなジャンルなのですが、実は数字関連の暗記部分は少なめ。おそらく各保険会社ごとで設定が異なるからでしょう。一般化、ルール化されている数字は少ないと。

というわけであまり量はありませんが、暗記のために目についた部分だけピックアップです。都合上、必ずしも数字以外は正しい表記にはしていません。あくまでも覚えやすくするためです。鵜呑みにはしないでください。

 

 

<生命保険>

契約の撤回期限・・・申し込みから8日以内

リビング・ニーズ特約・・・余命が6ヶ月以内と診断されたときに支払われる

控除額・・・所得税は4万円(23年度までは5万円)、住民税は2.8万円(23年度までは3.5万円)

 

<がん保険>

免責期間・・・契約から3ヶ月

 

<地震保険>

保険金額の上限・・・主契約(火災保険)の30〜50%、建物5000万円、家財1000万円

所得税における控除限度額・・・5万円

住民税における控除限度額・・・2.5万円

 

<自賠責保険>

支払い限度額・・・死亡・後遺傷害保険金3000万円(一定の後遺障害は4000万円)、傷害保険金は別枠で120万円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。