米澤穂信著「儚い羊たちの祝宴」

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

米澤穂信さんの作品を読むのは初めてでした。どの作品も非常に評価が高く、前々から気になっていました。

なるほど読んでみて確かに、修練された隙のない文章です。ミステリー好きにはタマランな丁寧な構成なのでしょう。

「儚い羊たちの祝宴」は短編集です。どれも女性の一人称、明治〜昭和のかおりのする文体に仕上がっています。推理サスペンスというよりは、世にも奇妙な物語といった印象。「バベルの会」という共通のワードが出つつも、物語は独立しています。5編目の表題作「儚い羊たちの祝宴」だけは、他の作品との繋がりを持たせていて、広告などではそこを「ラストの衝撃」と強調していましたが、私的には著者の研ぎすまされた文章に魅入られてそれどころではありませんでした。

同じ著作を手にとっていないのでなんともなんですが、この方の作品はいつもこんな、女性視点で古風な感じなのでしょうか。そうなるとやや飽食も早く訪れそうな気もしないではないのですが。いずれ色々と読み漁ってみようと思います。

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

新品価格
¥500から
(2013/3/25 20:37時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。