ドラクエⅩ 各ボスをいまさら攻略 イッド編

ドラクエⅩの各ボスいまさら攻略。本日はイッド編です。こいつの最大のメリットは町にいるということでしょう。全滅も気兼ねなく、気楽に遊びに行けるんですよね。あとは特訓ポイントが3つくってのも嬉しいっちゃあ嬉しい。ボスとしては王道を貫くパターンで、戦い方もわりかしストイック。色々えぐい狩り方も提案できそうだけれど、イッドはあくまでオーブ目的という嫌らしい目線で見ても差し支えはないっすよね。出ないときは出ないけど。

 

【正式名称】
魔軍師イッド強・魔兵ヒプノス強・魔兵タナト強の三人衆。以下、イッド・ヒプ・タナトと呼びます。

 

【戦える場所】
キラキラ大風車塔。の上のところ。宿付き優良物件。ここをデスルーラに登録している人も多いはず。

 

【くれるオーブ】
パープルオーブ。出ないときは出ない。

 

【難易度】
★★☆☆☆
まずまず楽な部類ですが、慣れは多少必要かな?

 

【主にやってきやがること】
イッドはメラガイアーとイオグランデの魔法攻撃を主にしてきます。打撃攻撃もMP吸い取ってくるので許しがたい。ディバインスペルで魔法防御下げて来るのも地味にうざいし、効果リセットのいてつくはどうなんて、全員に当てられたらホント涙が出そう。しかし一番の危険性をはらんでいるのは指パッチン。魅了されてしまいます。従いましてぐるぐるメガネは必携でしょう。

ヒプは最初のころほんとに悩まされたよ。ラリホーマとマホトーンはもらうとほんとにまずい。特に僧侶は。装備で防ぐこともできるんだろうけれど、正直こいつのために対策装備を用意するのも癪だ。

タナトはテンションバーンに注意でしょうか。他は特筆事項はないです。たまーにザラキやってくるよね。

 

【オススメ編成】
片手剣魔法戦士縛りのPTを推奨したい。魔法戦士×3と僧侶なんていいですね。開幕から「ギガスラ」をバスバス仕掛けて、「マホキテ」でメガライアーやイオグランデを吸う。これでうまくいけばヒプとタナトをほぼ同時に倒せるんじゃなかろうか。わりと相手の攻撃手依存であったりしますが。まあ今ふと思いついた編成なので、試したことないです。一人ぐらいは、魔法戦士の代わりにツメ職やバトマスがいてもいいでしょうね。てかそのほうが普通だろう。

要するにクモ同様、ここも編成は自由自在なわけです。僧侶さえいてくれれば。

 

【私流攻略】
イッドの使ってくる強い攻撃魔法を逆手にとりたい、というのが天の邪鬼な私の持論。上記の魔法戦士のマホキテもいいですし、魔法使いやスパスタの「マホカンタ」なんかも面白みがあります。

かつてはヒーヒー言いながら一体ずつ撃破していたため、ラリホー必須だったりしていたのですが、それが全体攻撃で早期決着の乱獲型がオススメされたり、なんやかんやあったりと、今では攻略法も千差万別多種多様。メラガイアーやイオグランデは強烈なので、「竜のおまもり」はあったほうがいいでしょう。魔法使いと僧侶は水はごろも装備でかなりダメージを軽減。武闘家らも「魔結界」で魔法防御を高める工夫を。

一番安泰な編成は「ツメツメません僧」なのかなあ。ヒプ➡タナト➡イッドの順にしめてく感じ。でも面白みに欠けるのですよね。

私は一時期スパスタに凝っていて、「ラリホーマ」と「マホカンタ」で嫌らしい戦略を練ってみました。おまけにムチで「スパークショット」。長期戦になる傾向ですが、わりかし楽しめます。

町で戦えるのでレンジャーの必要性は低いですね。

あと、この前遊びで賢者4人で行ってみました。辛くも倒せましたが、本当に大変だった。賢者は「なんでもできる職」ではなく「何もかもが中途半端な職」。イッドからMP吸われまくるし、攻撃魔力微妙だから倒すのに時間かかるし、「しんぴのさとり」は二回使わないと話にならないし。いいことがあまりなかったです。楽しかったからいいけど。

ってな感じで、イッドは楽しみながらやるのが一番。初めて強ボスに行く方も、慣れている方と一緒にまずはここへ来るのがいいでしょう。

 
【一言アドバイス】
ぐるぐるメガネだけは忘れるな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。