ドラクエⅩ 各ボスいまさら攻略 オーレン編

少し間を置きましたが、ドラクエⅩの強ボス攻略、今回からいわゆる新ボスについて見ていきます。相変わらずの偏見たっぷりな攻略になります。

この間にアップデートがあり、新装備の実装によりオーブ価値の変動がありました。最近安くなっていたレッドオーブが高くなり(ツメや杖の材料のため)ました。元々安定して高値だったブルーオーブもさらに跳ね上がりました。まずはこの2つのオーブを落とすボスを先に攻略していきます。

今回より攻略する新強ボスは、旧強ボスに比べて、オーブが出やすいというのが最大の魅力です。しかしその分、強いです。しかし事前に攻略さえしっかりやっていれば、あとは慣れ。慣れさえあれば、全滅も相当運が悪くない限りすることはないというわけです。そりゃなんでもそうなんだけどもさ。

【正式名称】
妖剣士オーレン強と水竜ギルギッシュ強。以下、オーレンと水竜とします。あとパリンとかいう無敵キャラもいます。

 

【戦える場所】
雲上湖。ランドン山脈のところですね。

 

【くれるオーブ】
レッドオーブ。旧ボスに比べて飛躍的に出やすい。

 

【難易度】
★★★☆☆
理詰めでやっていけば、よっぽどのことがない限り負けない印象。

 

【主にやってきやがること】
オーレンは完全物理。基本的に痛いことしかしてこない。痛恨があるので「会心完全ガード」は欲しいところです。なぎ払い攻撃は範囲系の上にダメージがでかいので、やってきそうだったら近づかないほうがいい。あとがいこつを3体くらいずつ召喚してくるのもうざい。無視しても問題ないけれど、ギガスラや範囲系の攻撃で一掃するのがベターでしょう。

竜はアイスブレス・フリーズドロップ・マヒャデドスといった氷攻撃をしてくるが、正直どのモーションがどれか自分はよくわかっておりません。技名を注視したりもしませんし。あまり仲間に巻き込まれないよう、狙われてると気づいたら孤立する動きをとったほうがいいかもしれません。

パリンとかいう無敵キャラは、リベホイム・マホカンタ・スクルトで竜とオーレンを補助します。マホカンタがあるということは、ここは魔法系は不利ということです。ちなみにこいつは倒さなくても、竜とオーレンさえ撃破すれば戦闘終了です。

 

【オススメ編成】
上でも書いたように、魔法系はリスクが高い。よって物理系で攻めましょう。早期決着が望まれ、しかも複数敵なので、パラディン入りがオススメ。「パラ・バト・バト・僧侶」や「パラ・ツメ・魔戦・僧侶」がよさそうです。他のボスなんかにくらべれば、わりと遊びのきくボスでしょう。戦士入りとか旅芸人とか、スーパースターだって入れても面白いかもしれない。

 

【私流攻略】
レッドオーブの需要が低いためあまり行くことのなかったオーレンですが、2013年7月のアップデートにともなって高騰、また人気になってきました。

オススメ編成にも書いた通り、物理系のパラディン入りが安定しそうです。パラディンでオーレンを押して封殺し、その隙に他のメンバーで竜を絞める。パラディンさんが押しやすいように、オーレンとパラディンの直線上で戦うことを意識しましょう。

パラディンは「会心完全ガード」「ヘヴィチャージ」を必ずしておき、回復も自分ですることを心がける。あとはとにかくオーレンを抜かせないように押し込んでいくしかありません。

竜を相手にする物理勢は、さほど攻略みたいなものはありません。とにかくガシガシ攻めるしかないでしょう。相手の動きを見ていれば誰がタゲられているかも瞭然だし、理詰め理詰めでいけばそこまで苦労はしません。

レンジャーで行く場合は、回復だマヌーサだと援護をしつつ、攻撃にも参戦するかたちでしょうか。しかしあまりレンジャーで行くメリットはありません……。残念。

他にも竜を短剣で眠らせて、先にオーレンを叩く、という戦法もあったりしますし、両勢入り乱れての大混戦でも無茶ではありません。とにかく物理系ならなんとかなるんじゃなかろうか。

新強ボスの中では、一番陰が薄いボスだと思います。

 

【一言アドバイス】
魔法は危ないかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。