散歩写真 のぼうとさきたま

行田駅前公園の遊具

昨日に続いて埼玉旅行の模様をお届けします。前回は浦和競馬場をひたすら攻略し続けましたが、2日目は健全な観光です。忍城やさきたま古墳群で有名な埼玉県行田市を観光してきました。

 

行田市看板

JR高崎線は行田駅へ。駅前看板に印刷されているのは、最近注目が高まる忍城、そして名物のゼリーフライ。あと植物っぽいやつは……古代蓮の里かな? 推すべきところがそんくらいしかないんだ。

 

行田駅

ちなみにこちらが行田駅の写真……。駅っぽさはなく、観光名所の最寄り駅とは思えない雰囲気でした。

駅東口を出てすぐに観光案内所があり、さっそく入ってみました。荷物がわんさかあったので、コインロッカーの場所を尋ねたのですが、なんと行田駅に設置されていないとな……。荷物を持ったまま観光するのはちょっと……ということでまた電車に乗り、隣の熊谷駅のコインロッカーにあずけてから、再び行田駅へ。この時点で行田に対するモチベーションはかなりダダ下がり。観光客に対する配慮がちょっと低い印象です。かなり点数を落としました。

しかし初志貫徹、予定より遅れたものの再度観光名所を回ることに。

ちなみに行田市には市内循環バスなるものがあり、観光スポットを回ってくれているのですが、これが一日4便程度しかないため柔軟ではありません。熊谷駅からとんぼ返りしたときにはちょうどいいバスがなく、どうしたものかと途方に暮れていると。

観光パンフレットに「レンタルサイクル」の文字を発見。さっそく案内所へ。

 

レンタルサイクル

借りてみました自転車。一日無料で借りることができます(電気自転車は有料)。これでまずは忍城を目指すこととしました。

 

行田周辺

行田駅からひたすら東へ。ご多分に漏れず、何もない景色。市街を抜ければ田園風景が広がります。小学校がでかい。病院がでかい。一つ一つの家がでかい。気持ちよくサイクリング。

 

忍城

だらだらと自転車で進んで3〜40分だったでしょうか。忍城に到着します。

ここは去年公開された映画「のぼうの城」の舞台となった場所。秀吉軍、石田三成の水攻めにあった城で、最後の最後まで秀吉に対抗し続けた成田氏の盛衰が赴き深い場所になります。

 

狭間

ほとんど改修された場所なので現物に価値はあまりないかもしれませんが、景観はとても良く、散策するにはとてもいいスポット。上の写真は壁から銃・弓などを使って防衛戦を繰り広げるための「狭間」という穴。長方形の狭間では弓を使い、丸や三角では銃を使います。

 

資料館

かつて本丸があった場所には博物館。御三階櫓というところに入るにはこの博物館に入館しないといけません。入館料は200円とお手ごろ。平日とあって人は少なめ。映画公開直後はもっと栄えたと思いますが、震災の影響で映画自体の公開時期がずれ込んだりと、色々恵まれていない印象は受けますね。

博物館自体も特に当たり障りなく。ふつーな感じでした。

 

忍城付近の空

歴史的価値のあるものがたくさん残っているわけではないのですが、水攻めのあった城の一つであり、石田三成や大谷吉継などなど有名どころが集った場所でもあると思うので、彼らと同じ地を踏むことができた感慨はひとしおです。庭園など手入れが行き届いているのでぶらっと観光するにはオススメです。

 

忍城を出るとまた自転車上の人となり、すぐそばの水城公園へ。ここも忍城の敷地の一部だったところですが、名前が違うので別の城かと最初は思いがち。忍城は他にも浮城と呼ばれていたり、場所ごとで呼び方が異なっていて、これが混乱を招いている節もあります。もうちょっと統一感出したほうがいいと思うんだけどなあ。どうなんだろ。

 

ゼリーフライの店

水城に行く途中でゼリーフライのお店を発見。が、平日のためか閉店。どっかで食べたいなゼリーフライ。まあどっかで食えるだろ。

 

水城公園

んで、なんだかんだで水城公園に到着。釣りのできる小奇麗な公園です。

 

蓮

蓮が群生していたり。……うん、ほんと普通の公園だ。

 

続いてさきたま古墳群を目指します。あくまで古墳群であって、さきたま古墳という名前の古墳はないようだ。

 

古墳群公園

水城公園を出て1時間弱だったでしょうか。古墳群公園に到着。……なんもねぇ。手入れしている人以外誰もいねぇ……。

土地をもてあそびすぎています。

 

さきたま古墳看板

「めざせ世界遺産!」がなんとも泣けるさきたま古墳群の看板です。

 

古墳公園のそばに軽食屋さん「さきたま」を発見、迷わず入ります。

 

ゼリーフライ

ここでようやく会えたゼリーフライ。ゼリーとは「銭」のことらしく、形状を表しているそうです。また、行田市ではお好み焼きチックなものをフライと呼ぶそうで、衣を使って揚げるフライとは違うんだそうだ。

このゼリーフライは衣を使っていないコロッケみたいな食べ物。中におからやにんじんなど、野菜が豊富でヘルシーなんです。実際に食べると分かりますが、「しょせんゴリ押しの微妙な名物だろ」と一笑に付せない、しっかりとした味。これで90円だし、結構私は好き。

 

B級グルメフライ

もう一品、行田のB級グルメといえばこれ。フライです。前述の通りお好み焼き。皿からはみでんばかりに盛られていてダイナミックですが、薄くて軽いスナック感覚で食べられます。まあほんと、味はお好み焼きなんですけど。

 

さきたま古墳群

腹が膨れたところでさきたま古墳を探索開始。地図は色んなところにあったんだけど、すんごい簡略化されて分かりやすかったものを一枚ご紹介。一番有名だと思う稲荷山古墳が、一番でかいのかなと漠然とイメージを抱いていたのですが、そうでもないようだ。

 

古墳

こちらが一番大きい二子山古墳。だったかどうか忘れたけど……。とにかく古墳群はだだっ広い。広大です。オープンワールドなゲームだったらイラッとさせられそうなマップです。チャリで来てほんとよかった。

 

稲荷山古墳

そしてこちらが稲荷山古墳。ここだけでも登って景色を拝んでおこう。

 

稲荷山古墳、上から

稲荷山古墳、「前方」部分から撮影。うーん何も言葉が浮かばないくらい、何もない!

 

と、適度に古墳をはしごして古墳群公園を後にします。自転車を漕ぎ漕ぎ行田駅へ。最初はちょっとハプニングに見舞われたものの、無事に行田市の観光終了。一日自転車を乗り回した疲労がいつドッと押し寄せて来るのか、まだ2日ほど行程は残っていますが……心配なまま行田を出るのでした。

 

参考リンク

行田市観光案内

忍城

さきたま古墳群

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。