小川洋子著「寡黙な死骸 みだらな弔い」

大好きな小川洋子さんの作品ということで食わなくとも好きなわけなのですが、これまで読んだ中では異色と感じました。

短編なのですが、一つ一つの話がわずかながらにリンクしていて、連作に近い作品。この手のものは、小川さん作品で読むのは初な気がするのですが、どうだっただろうか。

相変わらずの小川さん作品なので、ケチをつけることなどもってのほかなのですが、リンクが多少強引に感じなくもないところもあって、正直どうなんだろうと違和感を覚えたのも事実。この方の場合、リンクさせていなくてもリンクしている感じがするので、やっぱり今回の試みは不要な気もします。

あと、こう言ってはなんだけれど、小川さんの作品のタイトルは完全に「雰囲気」で付けているようなものなので、あまりタイトルから内容をイメージして期待するようなことはしないほうがいいでしょう……。前回の「猫を抱いて象と泳ぐ」もそうでしたけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。