沼田まほかる著「九月が永遠に続けば」

「猫鳴り」に続いて沼田さんの作品を読破。今回も題名が良すぎるな、という感想。

ある日ゴミを出しにいったまま蒸発した息子を見つけるために奔走するお母さんの話。調査を進めていくうちにいくつもの枝葉の事象に遭遇し、様々な人の本性を知る。人が死ぬのでミステリーに近いでしょうが、この方は独自の路線を行く方なのでカテゴライズが難しいところ。

正直な感想として、行き当たりばったりな物語に感じました。どのエピソードも、一見つながっているようで実はぶつ切り。息子探しに全面的に協力してくれる、息子のガールフレンド・ナズナとその父親、彼ら2人の位置づけがまず微妙だった。物語の核を全くかすってすらいないし、いなくてもいいんじゃないかと感じてしまいました。ナズナに至っては、息子の心中の人ですらなく、最終的に孤立しちゃっていたし。他、息子の担任にしろ、死んだ男やその同居人などなど、全ての人が中途半端に描かれていて、全てが漠然としたまま。結局何を読ませたかったのか、見えてきませんでした。主人公である母親の弱さとか危うさとか、ひどく言ってしまえばあばずれな部分が露出するだけ。人間の醜さを見せたかったのだろうか……。

とにかく、方向性の見えないストーリーなので、終始ブラブラした感じです。前回の「猫鳴り」もそんな感じでしたが、この遊びのある構成がこの方の売りなのかもしれません。でもあまりに響いてこないので、読後にお口直しでもっと凝り固まった本が読みたくなってしまいました。

好みあるでしょうが……。やっぱり題名に負けている感じがする。題名の真意も、最後のほうでとってつけたようにフォローされるだけだし。

沼田さんは、短編を一度読んでみたいですね。気になる作家さんであることに違いはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。