横山秀夫著「半落ち」

安定の横山さん作品。半落ちとは、警察用語で、「半分自供した」状態のこと。作中では、犯行を認めてはいるのだけれど、犯行後の「空白の二日間」を自供せず、うやむやなまま、という意味での半落ち。逮捕、裁判、拘置へと物語が進むにつれ、犯人が起こした犯行後の行動が明らかにされていきます。

途中まではすごいよかった。……んが、引っ張りに引っ張ったわりには……いや、ネタバレになってしまうから言うまい。視点が刑事、検察、弁護士、刑務官と移っていき、それぞれの社会事情とか内面とかを描きつつ、「空白の二日間」の真相を追うのですが、結局は最初の刑事さんが全てを解決してしまうので、間の人たちはぶっちゃけ関係なかったりする。各々の人物を追いたいのか、それともミステリー仕立てで真相究明を読んでいくべきなのか、目的のはっきりしないところがもやっとしました。

映画も確か観たはずなんだけど、記憶にない。機会があればまた観ようと思います。横山さん作品の中ではあっさり目なので、初めて読む方にはいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。