奥田英朗著「ガール」

全面的にスイーツ()って感じの一冊。ターゲットは明確に絞れていて、30代の外で働いている女性向け。明確な分、ターゲットの人が読んだらたいそう共感するのかもしないが、アウトサイドの人が読むと、「ふーん」という感じ。30代の働く女性はこういうことを考えているんだなあ、と。それを真正面から描ける奥田さんは凄いなあ、と。

短編集ですが、視点となる女性たちは全員立場が共通しています。30代、大手の企業に勤めていて、年収は結構高い。既婚未婚は様々ですが、全員が結婚に対する悩みを抱えていて、マンションのローンのこととか、年齢に見合った服装やらでも葛藤しています。

私の感想としては、さっぱりしすぎていて歯ごたえを感じない一冊でした。ターゲット以外の人が読んだらわりと面食らいそう。奥田さん作品が初めての人にはあまりオススメしたくないかなあ。

とにもかくにも、狙いを絞って見事に撃ち落としている本なんだと思います。こういうのも書けちゃうんだから、変幻自在だよなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。