横山秀夫著「深追い」

例によって横山さん作品。今回も短編集。恐ろしく安定していて、感想すら浮かばないほど。

三ツ鐘署という、閉鎖的な警察署に勤める人物たちを中心に描くミステリーもの。この方の作品はどれも、真っ向勝負なミステリーになっておらず、社会的な風刺とか、世の中への皮肉を想起させるシーンがいくつかあります。今回の場合、舞台が僻地の警察署であるという設定で、「出世なんてクソ食らえ」的なニュアンスが多分にあるのですが、これが私が余計な臭みに感じてしまい、鼻についてしまいます。こういうちょっと穿った感じで行くくらいだったら、バリカタのミステリーのほうがいい。

とはいえ筆致力があり個性的な作風の方なので、最初から最後まで安心して読み切ることができます。それにしても横山さんの作品のタイトルは、どれも横山さんらしさが全開で、ブランディングされているなあと感じます。今回の「深追い」「仕返し」「又聞き」「人ごと」のように、一単語ながら独立性があり、重厚感のあるタイトルが多いです。これほどタイトルだけで作者を連想できる著名人って、横山さんと長渕剛さんくらいしか思い浮かびません。パッとだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。