ドラクエⅩ。仲間モンスター「ねこまどう」の強さについて知っておいてほしい。そのための基礎知識。

ねこまどう

ドラクエⅩバージョンアップから早1ヶ月。先日はコロシアムについて書きましたが、今日は仲間モンスターについてまとめておきます。

モンスターを仲間にするには、実際にそのモンスターと戦闘をすることになりますが、事前の準備として

・「魔物使い」になり

・スキル「スカウトアタック」を覚え

・モンスターごとのスカウト書を読む

必要があります。スライムを仲間にしたかったら、スライムのスカウト書を手に入れ(モンスター酒場で売ってます。売ってないスカウト書もあります)て読み、実際にスライムと戦闘、スカウトアタックを使ってから倒すことが必須です。仲間になるモンスターには性格があったりしますが、今のところどんな意味があるかは不明です。

 

そんな基本的な部分は置いておいて、今日は仲間モンスターについて少し自分なりの考察をまとめます。中でも取り立てるのはねこまどう。こいつが「えげつなく強い」と評判なのだ。自分の場合、強弱に関わらず端から「育てるならねこまどうだろ!」と決め込んでいたので迷わず育て始めていたのですが、結果的にいい塩梅の好スタートを決められました。最初は仲間モンスターに対して未知な部分が多く、どれから育てようか悩んでいる人も多かったですからね。

で、現在私のねこまどうはすでに5回の転生を終え、現時点でのカンストには至っています。魔力は、弱小装備でも800近くに至り、強ボス相手でも赤子の手を捻るかのごとくの殲滅力を持っています。ピラミッドも6層をわりと容易く突破してくれちゃったり。ほんとできる子なのです。

なんてペット自慢はさておいて。

 

もしこれからモンスター育成に本腰を入れる方がいるのでしたら、今回の記事は多少役に立つかと思います。今日はモンスター育成のための基礎知識をまとめます。

 

 

レベルのことや転生のことや装備のこと

モンスターの上限は現時点(2014年1月)で50まで。50になると「転生」を行うことができ、レベルが1に戻ります。このときに転生特典としてスキルポイントを10もらえます。転生は今のところ5回まで可能。つまり5回の転生でスキルポイントが50付いてくるということですね。もちろんスキルポイントはレベルアップ時にももらえます。5回目の転生の50レベル時で、計119ポイント獲得できます。スキルの細かい部分については別の項にて。

装備は人間の職業と同じで、モンスターごとに装備可能なものがあります。ねこまどうなら魔法使い系の装備が可能。装備可能レベルに達しないと装備することはできません。「50レベルが上限だから、50レベルより上の装備は着けられないの?」と思うかもしれませんが、転生を一回すると全てのリミットが外れて、レベル1の状態でも、どのレベルの装備も装着できます。「1回転生しちゃえば、いきなり60装備だってできる」ってことです。

 

 

なつき度

色々と物議をかもすなつき度。仲間にしたモンスターは最初、魔物使いでしか連れて行くことができないのですが、なつき度がMAXの100にまで達すると、他の職でも連れて行くことができます。なつき度の上げ方は、モンスターを連れて戦闘をしていくだけ、というすごくシンプルなもの。しかしシンプルゆえにわりと心の折れる作業でして。公式の見解によれば、レベルの高いモンスターと戦えば上がりやすいそうなんだけれど。私的には「質より量」をお勧めします。キュララナでひたすらタコと戯れ続けるとかで、地道に上げていくのがいいんじゃないかなと。なつき度は気にしすぎるとすごく心が疲弊するので、自分のレベル上げついでとか、別の目的と並行して上げていくのがいいでしょう。

 

 

経験値

モンスターに入る経験値は、モンスター自身のレベルに関わらず、どうやら計算式は一定らしいです。経験値100の敵を倒したら、仲間モンスターには30入るようです。つまり30%。また、仲間モンスターは戦闘に出していなくても、連れ出していれば経験値が入ります。なので参戦させるさせないに関わらず、できる限り仲間モンスターは連れていったほうがいいでしょう。

ちなみに元気玉使用における仲間モンスターへの反映ですが、

元気玉……自分だけ経験値2倍。仲間モンスターには適応されない。

小元気玉……元気玉と同じ。

超元気玉……仲間モンスターも2倍に。経験値100の敵を倒したら、60入ります。戦闘に出している出していないは関係ありません。

というわけでガッツリ仲間モンスターを育てたいなら超元気玉というわけです。

また、別項でも触れているかもしれませんが、仲間モンスターはレベルの割に能力が高いので、サポを連れているよりも、自分に入ってくる経験値の量が多くなる計算につき何かとメリットは満載です。

 

 

スキル

ここが最重要でしょう。職業と同様に、モンスターごとにスキルがあります。固有スキルが3つと、フリースキルが2つあります。スキル1つごとの最大値は今のところ40。

スキルについてはねこまどうを例にとって詳しくまとめておこう。自分のためにもなるし。

ねこまどうが初期の段階で持っている固有スキルは以下の3つ。

ねこまほう……「毛づくろい」「にくきゅうパンチ」「ニャルプンテ」など、かわいらしい名前のスキルがいっぱい。しかしそれらほのぼのさを相殺どころか軽く一蹴し、ねこまどうを鬼化してくれるのが、最後に覚える「魔力覚醒」。ご存知、魔力を大体倍くらいにしてくれるスキルどえす。これがあるせいでねこまどうは最強になれる逸材となったわけで。というわけで必ずMAXまで上げるスキル。

メラの心得……メラ系のスキルを習得、加えて攻撃魔力も上げてくれるスキル。

両手杖……私はあまり重要視していないスキル。育成中のころは「しゅくふくの杖」を覚えさせて、回復要員にしていました。

 

「ねこまほう」「メラの心得」「両手杖」、以上が固有スキル。これらはモンスターごとに違うので、入念な吟味が必要です。

さらにフリースキルについて。一回目の転生のときに、スキルを一つ追加させることができます。「HPアップ」「MPアップ」「ちからアップ」「みのまもりアップ」「すばやさアップ」「まりょくアップ」の6つから、一つを選ぶことができます。どれもステータスアップスキルですね。

さらに二回目の転生では、上記の6つに加えて新たに「メラの心得」「かいふく」の2つが追加。これら8つの中から2つを選ぶことができます。また一回目の転生で選んだスキルも再度選び直すことができます。

5回目までの転生までに選べるフリースキルを以下にまとめちゃいます。詳しい内容は実際に目で見てみるのがいいと思います。今すぐ覚えておく必要はないし。

 

1回目の転生……「HPアップ」「MPアップ」「ちからアップ」「みのまもりアップ」「すばやさアップ」「まりょくアップ」から1つ

2回目の転生……上記に加え、「メラの心得」「かいふく」から2つ

3回目の転生……上記に加え、「ヒャドの心得」「じゃくたい」から2つ

4回目の転生……上記に加え、「バギの心得」「ちりょう」から2つ

5回目の転生……上記に加え、「イオの心得」「きょうか」から2つ

 

4回目までの転生なら、フリースキルの選び直しはできるのだけれど、現時点、5回目の転生が最後の選択です。だからラスト転生はよく考えて選ばないといけませんね。

 

 

以上、仲間モンスターについての基礎知識まとめてみました。次回は実際に自分の育てているねこまどうをサンプルにして、より具体的に書いておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。