【ドラクエⅩ】ムチはやっぱり恵まれていない気がするなあ、と思った。

トルネコ

次回の大型アップデートの詳細が告げられたドラクエⅩ。一番気になっていたのは「スキルの大幅修正」でした。なぜなら私は「弓&ムチ」というニッチなところをメインとしていたから。これまで恵まれなかった2つの武器、光が灯されることを祈っていたのですが、結局のところどちらも微妙だなあという感じです。特にムチはどうなんだろうか、というところ。

マクロな議論は至る所でされていると思うので、ここでは弓&ムチ使いの私にしかできない濃い感じで、二種のスキル修正について考えてみます。

 

弓の修正点は確かこんな感じ

・天使の矢ダメージアップ

・さみだれうちを対象一体だけに4ヒット

 

天使の弓はこれまで、通常ダメージの半分以下くらいしか与えることができなかったので、100Pスキルとしてこれは当然の改変かなと。んで大事なところは、天使の矢はダメージ量に応じて獲得できるMPが決まっていたと思うので、ダメージ上昇に伴ってもらえるMPも増えるのかどうか、ってところだと思います。何度も言うけれど弓の100Pスキルなのだから、もっとMP獲得できていいと思うのよね。これまでせいぜい8くらいだったし。

さみだれうちのほうは、正直「うーん……」というところ。さみだれうちはこれまでたくさんの紆余曲折を経てきました。状態異常の判定が「4発全て」から「1発目のみ」になったり。あと大きかったのは、これまでは例えば4発のうち2発目で対象を倒してしまったら、残りの2発は不発で終わってしまう、みたいな仕様だったのが、残りの2発は他の的へと振り替えられる感じになり狂喜しました。で、今回の修正によってそれが全面的に覆され、ランダムに対象を選ぶのではなく、一体だけにひたすらみだれうつという、さみだれうちとはいえないさみだれっぷりを披露することになるのです。

で、こちらも気になることとして、一体だけを対象にするということは、また以前のように不発弾(もしくは空打ちとでもいえばいいか)が出てしまうということなのか、という点。この仕様になってしまうのだとしたら、さみだれうちは改悪と呼んでも仕方がないのではないかと思う。

もっと突っ込んだ感覚的なところを言うと、さみだれうちの修正は、通常戦闘的には○で、コロシアム的には△。コロシアムでは取りこぼしを拾うという意地汚い戦法が弓の特権であって、HPが赤の相手が2体くらいいたときにさみだれでヒャッハーするのが快感だったりする。これができなくなってしまうのは、さみだれうちの利点を捨ててしまっているような気がしてなりませんね。

ま、実際に使ってみるまではなんともいえませんが……。

 

 

続いて……肝心のムチなんですが

・双竜打ちのダメージアップ

・しばり打ち、らせん打ち、スパークショットの成功率アップ

 

おいおいおいおい、もっと改善するべきところたくさんあるでしょう!?

ちょっと悲しいですね。双竜打ちのダメージアップは大歓迎なんですが、それよりもまずはあの硬直時間をなんとかしてくれねぇかと。あと愛のムチも、待ち時間が長いせいで通常攻撃より弱いっておかしいでしょうが。

状態異常系のスキルの成功率アップも嬉しいんだけど、これは実際に使って体感で試してみてからですかね。これまでは「スパーク>らせん>しばり」の順にかかりやすい印象でしたが、その順列は変わらずに、成功率を底上げするんでしょうか。

コロシアムで開眼してくれることをひたすら祈っているムチですが、まだ日の目を見るときは遠い。せっかく聖王のムチ買ったのになんだか報われないなあ。

でもねー、地走り打ちは強いんですよ。もう少し仕様を変えてほしかったんで、今回のバージョンアップに期待していたんですが、ノータッチみたいですね。

ま、ムチに関しては今後も成長に期待しています。130スキルにも。

 

 

というわけで弓とムチについての雑感でした。アップデート関連についてはまたちろちろと書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。