西澤保彦著「七回死んだ男」

どのカテゴリに入るのか難しいですが、著者があとがきに書かれているのに従い、ミステリーのくくりでしょうか。高校生の主人公が「同じ日を9回繰り返してしまう体質」の持ち主という設定を礎に、祖父の会社の後継者争いの渦中で起こって … Continue reading