僕と漫画喫茶(この物語はフィクションであり実在の・・以下略)②

エンドロールの扉を開けると、女性店員さんの「いらっしゃいませ」という声が聞こえた。 店内の第1印象は、そう、狭かった。 入り口のすぐ横には本棚が並び、ずらりと漫画が並んでいる。雑誌もある。 本棚と本棚の隙間から客席が覗け … Continue reading

この話はフィクションであり、実際の・・・・(略)①

9月の風は心地よかった。 僕は自転車を飛ばし、目的の場所へ向かった。そこは、新しいバイト先だった。 一週間ほど前のことだ。大学生活も落ち着いてきた僕はアルバイトを探そうと思った。 そこでインターネットを利用し、近場で楽に … Continue reading