コロナ禍で運動不足解消のためなわとびを始める

元々引きこもりがちなライフスタイルなのですが、自粛要請以降移動範囲も狭まり、いよいよお腹周りが気になってきました。

でも筋トレは嫌いなのよねん…。

フィットネスジムなんかに通うのも今は気が引けるわよね。

そもそもジムはお金かかるから、ケチケチな私としては選択肢にない!

子どもを連れて散歩に出ることはあるのですが、最近の公園は子どもが多く、大人も一緒になって体を動かすのはちょっと難しいですよね。まあ実際めっちゃ動き回っている親御さんも見かけますが。小さい子どもたちが危ないなとヒヤヒヤします。

「密」を避けつつ、手軽になおかつ楽しく運動できる方法ないかな〜って思っていたところ、なわとびに行き着きました。

2キロほどダイエットしたいと考えています。こういうところに書いて宣言しておくときちんとやりそうなので、書いてみた次第。日課にして、買い物や散歩ついでひとっ跳びする習慣を付けようと思います。

 

スポンサーリンク

太りやすく痩せにくい体質

私の体質について書いておくと、太りやすく痩せにくいタイプだと思います。

もっというと、筋肉が付きやすくて、減らそうとすると時間がかかる(もしくは筋肉がぜい肉に変わってしまう、みたいな?)タイプかなと。

筋肉はマジで付きやすいタイプです。学生時代はこれが強みでした。

自分で言うのもなんですが、私はけっこう体重管理はしっかりしていると思います。太りやすい体質だから、より熱心に管理してきたんだと思います。

そのおかげもあり、社会人になって以降、そしてフリーランスになりほぼ引きこもり生活を始めて以降も、体重はほとんど増えていません

大学時代は割とムキムキで、社会人になってからそれが順調にぜい肉となり…それでもダイエットを適度に意識してきて…大学出てから10年以上経ちますが、多いときでも5キロくらいしか増えていません。

まあせめてこの機会に、2キロは減らしたいですよね。

私のダイエット論

これは簡潔に。

食べれば太るし、運動しなければ太る。その逆をすれば痩せるのです。

というわけで、食べる量を減らし、運動を増やすのが、私のダイエットのやり方です。習慣に変化を付ければ、その変化の差分の結果が体重にあらわれるはずですから。習慣を変えて、結果を待つのみです。

コロナが侵した健康被害

コロナウイルスの影響で、活動がかなり制限されています。

散歩さえ都内ではしづらい環境になっちゃいましたよね。ただでさえ人出が多く、密になりがち。しかも出歩いていると「緊急事態の自粛期間中だよ!」と言う痛い視線が…気のせいかもしれないが、ひしひしと感じられてしまいます。

今はちょっと過剰すぎる面もあるけども。

神経質になっちゃう期間ですね。散歩は、人通りの少ないところさえ選べば、問題はないでしょうし。

家に居続けるのもリスクだと私は思っています。健康被害大きいですよね。

高齢になればなるほど、運動しないことのリスクは甚大です。運動不足になるだけでなく、体幹が弱って転倒しやすい体になってしまいます。お年寄りの方の転倒は命に関わるので、個人的にはやはり、外へ出て体を動かす習慣は続けておくべきと思いますね、自粛期間でも。

不健康は免疫力の低下にもつながりますし。やっぱりこの辺のバランス取りは大事で、極端すぎるマインドはよくないでしょう。

コロナが人類にさまざまな課題を与えていますが、中長期的に見るとこの健康問題が最も大きいのではないでしょうか。経済も資本も何もかも、健全な命あっての物種ですから。

もうちょっと時間が過ぎれば、より健康面への配慮が取り沙汰されるようになると思っています。今はコロナとの距離感取りばかりが気にされていますが。

お偉いさんたちによるコロナとの付き合い方に関するガイドラインが完成したら、次は健康、そして経済の動かし方も定まっていくことでしょう。

なわとびのメリット

そんなわけで、筋肉や食べたものが続々とぜい肉になり続ける自粛期間。

このままではヤバイと思い、運動を始めることを決めました。

筋トレは嫌い、走るのもちょっと自粛したほうが良さそう、スポーツもやれる場所ない。そんな時に思いついたのがなわとびでした。

遊具の置いていない公園は人がいない。そこでやれる運動がないかなと思っていたら、なわとびがうってつけだなと。

コロナ禍にあっては、以下のようなメリットがありますね。

  • 狭い場所でできる(公園や、人や車の通りの少ない道路でもできる)
  • 同じ場所を跳び続けるだけでいい(自分が感染していても、他の人にうつすリスクは低い)
  • ひとりでできる

けっこう3密は防げていますよね。

そしてなんと言っても、1番のメリットがこれ。

低コストで始められる!

まあコロナとか関係ないですけど。

私は今回ちょっと高め(?)のなわとびを購入。と言っても800円くらいなんですけどね。

800円なら。たとえ楽しさを感じなくて3日坊主になっても、無駄な消費ではなかったと納得できます。自分になわとびは合っていなかったということを知るための勉強代としては安いですよ。

持ち運びしやすいのもいいわね。買い物ついでに持っていっても荷物にならない。

なわとびしてみた感想

やっぱり普通にいい運動になりますね。

筋トレと違って楽しいです(個人の感想です)。

運動量としてはどう?

思っていたよりも汗かく。てか普段ジャンプする機会なんてないから、いつもと違う筋肉使えている感はすごくありますぜ。

数十回跳んだだけでもけっこう汗かけますね。これは思っていた以上に効果がありそうだ!

何より最近衰えまくっていたふくらはぎを鍛えられる点がいいかも。

ふくらはぎ大事ですよふくらはぎ。第二の心臓ですから。ふくらはぎの活動が活発化すれば、冷え性の改善にも繋がるとかなんとか。

まあ運動ってキャッチボールとか追いかけっことか、みんなでやるのが一番楽しいと思いますが。この自粛の中にあっては無理ですからね〜。

なわとびはひとりでやれるまあまあ楽しい運動だというのが、私の感じたことです。

体重の減らない時期がある?

しばらくなわとびは習慣にしたいと思います。

とりあえずは1ヶ月半はやりますよ。

私は必ず1ヶ月半は続ける意識を持って取り組みます。だいたいこういうダイエット法って、効果が出るまでに1ヶ月半かかるってのが、私の経験則から出した結論。個人差あるんでしょうが。

特にこう言った運動系の場合、一時期筋肉がつく時期があるので、体重減りにくかったりするんですよね。運動した分お腹が減って、無意識に食べる量も増えがちですし。

実は今がちょうどその時期。ダイエット自体は1週間ちょっと前から意識してやっていて、体重は順調に減っていたのですが、最近運動を取り入れるようになってから、ちょっと体重がまた戻り始めています。

なわとびやることで、衰えていたところが筋肉つくでしょう。その一方で食べる量を調整するので、しばらくは横ばいみたいな感じになるかな体重は。そのさらに後の段階で、体重が順調に減っていくと思います。

とにかく続けること

1回につき何回跳ぶかとか、そう言ったメニューはまだ固定にしていません。実際自分の体力が今どんなもんかわからんですから、何回かやってみて、回数数えてみて、適切な回数を跳んでいくようにします。

目標は1ヶ月半後の6月上旬、2キロ減です。

2キロならすぐできそうな気がしています。コロナで嫌な気分になりがちですが、今を楽しく生きられるよう工夫します。