【一口馬主】リトルキラー惨敗

本日、大井競馬でデビューを果たしたリトルキラー。結果は14頭中12着と惨敗でした。

ある程度覚悟はしていましたが…やっぱりこの結果は悲しい…。

スタートからかなりテンパっている様子でした。2歳夏ごろの新馬戦ならまあまあ見かける光景ですが、3歳冬の時点でこれはさすがに…。

今後どうなっちゃうのかしら?

陣営の報告待ちではありますが。あと2戦くらい走って引退か、もしくはきっぱり年内で引退か…。

いずれにしろ引退なのね?

次走に期待が持てるような内容でもなかったですし、現時点で私の脳裏に浮かぶのは「引退」の二文字しかありませぬ。

リトルキラー自身は非常に頑張り屋さんだと思います。パドックや返し馬も落ち着いているというか、のほほんとした印象でした。

ただ単純に、競争能力が他の馬と比べて足りていないということでして、これ以上レースに出すのもかわいそうというのが私の感想です。

愛馬が惨敗するのを見るのは、胸を締め付けられる思いがあります。

大きいレースならまだしも、小さいレースだと尚更にね…。堪えるものがありますね。

元々小さい馬体だったので「リトルキラー」と名付けられた馬。しかし結局、デビューは457キロの手ごろな馬体にまで成長してくれました。

なんとなくですが、繁殖に上がったらそこそこいい仔を出してくれるのでは。というわけで、来春には牧場に戻していただくのが良いのではないでしょうか。彼女にとって。

現役続行で、ここから盛り返すという可能性は?

さすがに無理ではないかと…。

仮に次のレースで可能性を感じる走りを見せたとしても。元々脚元が心配されているお馬ですし、無理使いはできません。やっぱり息の長い活躍をさせるイメージがわきません。

ま、これ以上ウジウジしていても仕方がありませんな!

とにかく陣営からの報告を待つことにします。

無事にデビューしてくれただけで感謝です。これはほんと、いつも感じていること。