ユニオンで7000万円募集馬デビュー、注目馬2頭

今週から中央競馬は無観客試合。これは1944年の戦時中以来となるそう。

売上が気になる。

そんな開催前から波乱を感じさせる中で、ユニオンオーナーズクラブから個人的に注目している馬が2頭出走します。

サンビスタ初仔サンジョアン

この世代のユニオン大注目の馬といえばサンビスタ産駒でした。

ダートG1を制したサンビスタの初仔、サンジョアン 。父はルーラーシップ。牝馬です。

その募集価格、なんと7000万円。これを見たときあたしゃひっくり返るかと思ったよ。

14万円×500口。牝馬でこの募集額はびっくりでしょう。

非常に強気でした。

それでもサンビスタ産駒ですからね。口数はどんどんはけていきました。ただ、満口にはならなかったと記憶しています(記憶違いだったらすいません)。

さすがにちょっと手を出しづらい金額ですよね。

まさかの無観客試合のデビューになってしまったのは、悲劇というかなんというか。現地で応援したかった方も多かったと思います。

デビュー戦は芝の2000メートル。まずは芝からなんですね。たぶんダート向きかなあとは思いますが、幸先いいデビュー戦になることを願っています。

ケープブランコ×ディープのブラングライク

もう1頭はブラングライク。こちらは中山2000でデビュー。

この世代で出資しようかどうしようか、最後まで悩んだ子です。

募集カタログで馬体が見栄えよかったんですよね〜。父はケープブランコで母はモンクール、母の父はディープインパクト。上原厩舎というのも魅力的でした。

ただ募集額がどうしても。10万円×300口の3000万円は、ちとお高い印象がありました…。

ケープブランコ産駒はランスオブプラーナという重賞馬が出たものの、まだそこまで目立った成績を残せていませんからねえ。

ケープブランコの父はガリレオ。欧州血統で、日本のスピード馬場ではまだまだ疑問が残ります。札幌や函館向きかしら。

とはいえ母の父ディープインパクトということで、こちらの血が濃く出れば全く問題はなさそうっていうイメージもあるんですよね〜。

く〜悩む〜っていう日々を過ごしつつ、結局出資には至らなかったのを覚えています。

「あのとき出資を決めていれば…」と後悔させてくれるような活躍を期待しています!

今週のユニオンは粒揃いだ

ユニオンは確か3週連続中央勝利中。今週も勝つとかなり景気がいいです。

しかも今週はけっこう期待の馬の出走が多い。2勝3勝してもおかしくないくらいだと思っています。

上記紹介したデビュー馬2頭も含めて、応援したいと思います!