ついに含み損に

2日ほど遅れましたが株式投資のメモ。

2020年2月28日の日経平均は805円のマイナス。21142円と、ついに20000円台がすぐそこまで迫ってきました。

保有銘柄の評価損益がついにマイナスに…!真っ赤っか!

これまでも何度かマイナスは経験してきましたが、今回はいつも以上の盤石さみたいなのを感じます。悪い意味での盤石さ。立ち直るのに時間がかかりそうな盤石さ。

これまで私が経験した下げ相場は日米貿易摩擦とかEU離脱とか、外的な要因のものが多かったですが、今回は日本国内の実体経済の直に影響を受けていますからねえ。

私がやるべきことはいつもと変わらないのですが、労働環境がガラッと一転した方もたくさんいるように思います。

各企業も必死で踏ん張っていく時期になりました。果たして全国規模のコロナ対策が功を奏するのか。結果は2週間後くらいにわかるのでしょうか。

プラスを保っている銘柄

保有銘柄の中で損益プラスを保ってくれているのは、すかいらーくHD<3197>、クリエイト・レストランツHD<3387>、そしてオリックス<8591>。しかしすかいらーくはついに取得平均単価に近づいてきました…

まさかすかいらーくが取得平均にまで落ちてくるとは…コロナ恐るべし。

インバウンド需要のある限り飲食は強いと踏んでいたのですが、まさかこのような形でインバウンド需要が激減するとは。

長い目で見て改善していくことを信じ、買えるところで買っていきたいと思います。

アメリカでは利下げ示唆の知らせがありましたが、この辺の影響が日本にどこまで出るのか、ですね。引き続き市場動向には注目です。