日経平均下がるも保有損益は改善

本日の日経平均は前日比284円マイナスの16726円。ついに17000円割れての引けでしたね。

個々の銘柄を眺めると大きく上がったもの下がったもの極端。海外事業を手広く展開している銘柄が下がりきつめだったように感じます。

私の保有銘柄では、昨日に続きすかいらーくHD<3197>が上がっています。京急<9006>もまずまず。

なかなか下げ止まらないのが日野自動車<7205>。製造業、やっぱきついんですかね?

もうひとつ保有銘柄で厳しかったのがヴィアHD<7918>の業績修正。かなりの下方修正です。

ヴィアはようやく黒字の世界が見えてくる寸前まで来ていたのに、このコロナ騒動。ついてませんね…。

また元の悪かった頃の業績に逆戻り。夜明けが遠のきました。

保有銘柄の含み損失は、昨日のマイナス13%からマイナス10%に改善しました。

日経平均が下がる中では健闘したほうでしょうか。

まだまだこれからどうなるかわかりませんね。でもそろそろ…底にコツンと当たるんじゃないだろうか。コロナの治療ガイドラインが確立されれば、日経平均も2000円くらいは上昇すると期待していますが…。

あとは欧米諸国の謹慎が明けるのを待つのみ、でしょうか。日本国内は十分やるべきことをやっていると思いますので。