2020年2歳出資馬の馬名が決まる

今年デビューの2歳馬に、私は1頭だけ出資しています。ユニオンオーナーズクラブです。

そのお馬さんの馬名が発表されました!

名前は「リヴァーシャノン」。デンファレの2018であります。

父は海外馬のマクフィ。日本で2017年より供用開始、日本産としては今年産駒が初デビューとなります。

すでにマクフィ産駒は1頭、マル外で日本でデビューしていて、なかなかの勝ち上がりを見せていました。日本馬場との適性は良さそう。

母デンファレはリヴァーシャノンが2番仔。初仔クイーンズバラッドは近々ユニオンにてデビュー予定です。

未知数の海外種牡馬に、まだ産駒が活躍するか分からない母の2番仔。あなたにしては珍しい出資ね!

ですね〜。データ派の私としては絶対にあり得ない出資です。

でもなんとなくいいなと思ったんです。「木原厩舎×宮内牧場」の組み合わせが魅力でして。800万円というリーズナブルさもあり、出資を決めました。

今のところ調教は順調。遅咲き傾向な我が出資馬たちですが、リヴァーシャノンはぜひとも、2歳新馬戦での出走を叶えてほしいです。

我が出資馬出揃う

リヴァーシャノンの紹介にて、私が出資している馬全てを本ブログにて紹介できたことになります。

近く、出資馬一覧のページを公開します。

※追記 公開しました。

現役出資馬は2020年3月時点で6頭。引退馬も含めると8頭ですね。一口馬主になって5年くらい。なんだかんだでけっこう出資している、自分的には。

100口や200口募集など、そこそこ少口数(全体的には400口や500口が多い)のお馬さんに出資しているので、月々の維持費はなかなかのものですね…。

今年はほんと勝負の年。とくに現4歳の3頭がどうなるかで、今後の一口馬主人生も決まりそうです。ドキドキです。