鉄人化計画2日連続ストップ高、強いケンタッキー

本日の日経平均は403円プラスの19353円。続伸ですね。

私の保有銘柄も改善し、損益率は昨日と同じく4%上昇。合計でマイナス10%にまで回復しました。

やはり19000〜20000円が私にとってフラットなところ。このままもし日経平均が20000円まで回復すれば、損益0%を上回る可能性も見えてきました。まあ現時点のままでも、これまでの配当やらなんやらを合算すれば、損益分岐のだいぶマシなところまできています。

個別銘柄では鉄人化計画<2404>が2日連続のストップ高となっています。

上がるのはわかるのですが、勢いが凄まじいですね。なんなんだこれは。仕手?

触らぬものになんとやらと言うことで、しばらく鉄人化計画は見守る形に徹します。現在235円。250円くらいになれば取得平均を上回るので一応プラスとなってくれます。もし仮に400円とかを超えるようであれば、売却も視野に入れちゃいます。

そして日本KFCことケンタッキー<9873>。強いですね。デリバリーも人気のようで…。この緊急事態宣言の最中、さらに需要が増えるのではないかと言う見方もされています。また3000円くらいに戻る日も近いかもしれません。

同様に飲食系銘柄はようやく上向いてきました。すかいらーくHD<3197>もようやく我が家の取得平均を上回っています。

後はクリエイト・レストランツHD<3387>とシダックス<4837>次第かな〜というところ。他の保有銘柄に比べて上がってはくれていません。

この2銘柄は保有株数が相対的に多いため、私の損益率に大きく関わってきます。

クリレスは現状あまり情報が開示されていないこともあり、売上も未知数な部分が多いですね。

2月は順調でしたが、3月はさすがに下がるでしょう。

スポンサーリンク

20000円になる日を夢見て

市場はまだまだまだまだ予断は許されません。緊急事態宣言は始まったばかり。最低でも1ヶ月は続きますからね。

ここ最近の日経平均の動きと、我が家の保有銘柄の損益率を比較したグラフがこちら。

左端、計測開始の3月16日は日経平均17002円で損益率マイナス18%。本日時点の右端は日経平均19353円で損益率マイナス10%。一時期損益率の落下が凄まじかったですが、だいぶ日経平均と動きが連動してきました。

かなりアバウトな計算ですが、日経平均が1000〜2000円動けば、保有銘柄の損益も10%程度動いていきますね。ひとまず日経平均が20000円になる日を夢見て、しばらくは静観に徹することになりそうです。お買い得に感じる銘柄も見当たらなくなってきましたしね…。