【2022年版】国内共用種牡馬の種付数&種付料一覧

スポンサーリンク
データは2022年3月時点のものです。

日本国内の種牡馬について、種付料や種付数が把握できる一覧を共用場所別でつくってみました。その2022年版になります。自分用の簡単なコメントも添えています。

データはJBISさんのものを参考にしています。ミスや問題などありましたらお問い合わせまでお願いします。未完成のところは情報が分かり次第更新します。

種付料は主に「受胎条件(受胎が確認されたら支払い発生)」と「出生条件(出生が確認されたら支払い発生)」の2つがあります。基本は受胎条件を掲載受胎条件と出生条件どちらも設定されている種牡馬は受胎条件の価格のみ掲載します。出生条件のみの馬は「#」を付けた上で価格を掲載します。「P」はプライベート種牡馬です。
スポンサーリンク

社台スタリオンステーション

社台スタリオンステーション共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1ルヴァンスレーヴ2015250(+100)223父シンボリクリスエス。2024年産駒デビュー。初年度から200頭超え。さすがに種付料は上がりました。
2エピファネイア20101800(+800)218(-22)父シンボリクリスエス。800万円アップ。国内最高種付料に。
3サートゥルナーリア2016700(+100)205父ロードカナロア。2024年産駒デビュー。値上げしました。
4キズナ20101200(+200)192(-50)父ディープインパクト。200万円アップ。
5ブリックスアンドモルタル2014600(0)180(+2)父ジャイアンツコーズウェイ。2023年産駒デビュー。
6リアルスティール2012300(+50)173(-3)父ディープインパクト。2022年産駒デビュー。高水準の種付数推移、大注目の1頭。
7ドレフォン2013700(+400)172(-14)父ジオポンティ。ストームキャット系。強気に400万円アップ。
8レイデオロ2014700(+100)170(-26)父キングカメハメハ。2023年産駒デビュー。
9イスラボニータ2011150(0)159(+37)父フジキセキ。
10オルフェーヴル2008350(0)157(-8)父ステイゴールド。
11ロードカナロア20081500(0)155(-24)父キングカメハメハ。
12ミッキーアイル2011250(0)155(+51)父ディープインパクト。種付料アップも何のその。種付数アップ。
13ナダル2017400(0)150父ブレイム。ロベルト系。2024年産駒デビュー。
14モーリス2011700(-100)146(-17)父スクリーンヒーロー。100万円ダウン。
15サトノダイヤモンド2013300(0)134(-11)父ディープインパクト。2022年産駒デビュー。
16ルーラーシップ2007300(-100)133(+1)父キングカメハメハ。2年連続値下げ。種付数は横ばいくらいか。
17ドゥラメンテ2012131(-47)父キングカメハメハ。早世は残念。
18サトノアラジン2011100(0)124(+29)父ディープインパクト。現状ダート寄り?
19ニューイヤーズデイ2011250(0)117(-41)父ストリートクライ。ミスプロ系。2023年産駒デビュー。
20アドマイヤマーズ2016250(-50)115父ダイワメジャー。2024年産駒デビュー。種付料下がりました。
21キタサンブラック2012500(+200)102(+10)父ブラックタイド。初年度産駒の活躍で200万円アップ。
22マインドユアビスケッツ2013200(0)95(-46)父ポッセ。デピュティミニスター系。2022年産駒デビュー。
23スワーヴリチャード2014200(0)94(-29)父ハーツクライ。2023年産駒デビュー。
24サトノクラウン2012100(-50)93(-42)父マルジュ。2022年産駒デビュー。
25レッドファルクス201180(0)83(-34)父スウェプトオーヴァーボード。2022年産駒デビュー。
26ハービンジャー2006400(0)80(-39)父ダンシリ。
27ロゴタイプ201080(0)59(-21)父ローエングリン。
28ダイワメジャー2001P51(-61)父サンデーサイレンス。
29キンシャサノキセキ2003P46(-54)父フジキセキ。
30シスキン2017300(-50)20父ファーストディフェンス。ミスプロ系。2024年産駒デビュー。種付数少なっと思ったらシーズン途中の怪我で中断となったようです。今年は100は超えるかな?
31コントレイル20171200父ディープインパクト。2025年産駒デビュー。父と同じ価格でスタート。
32ポエティックフレア2018600父ドーンアプローチ。2025年産駒デビュー。
33クリソベリル2016300父ゴールドアリュール。2025年産駒デビュー。
34ダノンキングリー2016250父ディープインパクト。2025年産駒デビュー。
35ドリームジャーニー2004父ステイゴールド。引き続き名簿には存在せず。
36ハーツクライ2001父サンデーサイレンス。種牡馬引退。お疲れさまでした。

アロースタッド

アロースタッド共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1モズアスコット2014250(+50)167父フランケル。2024年産駒デビュー。50万円の値上げがどうか。
2カリフォルニアクローム2011400(0)154(+11)父ラッキーパルピット。2023年産駒デビュー。
3ビッグアーサー2011100(0)107(-28)父サクラバクシンオー。
4シニスターミニスター2003350(+100)106(-13)父オールドトリエステ。今年はさらに種付数を伸ばしそう。
5シャンハイボビー2010200(0)100(+3)父ハーランズホリデー。ストームキャット系。2022年産駒デビュー。注目。
6ディーマジェスティ2013100(0)97(+35)父ディープインパクト。
7ワールドエース200950(-20)64(-67)父ディープインパクト。ワールドプレミア効果が薄れ種付数半減。種付料も下がりました。
8エポカドーロ201550(0)52父オルフェーヴル。2024年産駒デビュー。まずまず種付数集まりましたね。
9トランセンド200650(0)49(+11)父ワイルドラッシュ。
10ヘンリーバローズ201530(0)38(-6)父ディープインパクト。2023年産駒デビュー。アロースタッドとイーストスタッドを行き来するシャトル種牡馬。
11ラニ201350(0)35(-14)父タピット。
12リーチザクラウン200650(0)31(-1)父ネオユニヴァース。
13スズカコーズウェイ200460(0)24(-1)父ジャイアンツコーズウェイ。
14レッドベルジュール201730(0)22父ディープインパクト。2024年産駒デビュー。
15ミュゼスルタン2012#30(0)21(+1)父キングカメハメハ。
16ヤマカツエース201250(0)12(-14)父キングカメハメハ。2022年産駒デビュー。
17ワンアンドオンリー201150(0)12(+4)父ハーツクライ。
18ドリームバレンチノ200710(0)12(+5)父ロージズインメイ。
19ナムラタイタン200620(0)11(+6)父サウスヴィグラス。
20ポアゾンブラック200920(0)10(+5)父マイネルラブ。
21ワンダーアキュート200630(0)8(-2)父カリズマティック。
22ガルボ200710(0)8(+4)父マンハッタンカフェ。
23ウォータービルド201420(0)8父ディープインパクト。2024年産駒デビュー。
24ナカヤマフェスタ200620(0)7(+4)父ステイゴールド。
25トーホウジャッカル2011#30(0)6(-8)父スペシャルウィーク。
26トウケイヘイロー200930(0)6(+1)父ゴールドヘイロー。
27セレスハント2005#20(0)3(+2)父コロナドズクエスト。
28ダンスディレクター201020(0)2(-3)父アルデバランⅡ。2022年産駒デビュー。
29フィレンツェファイア2015150父ポセイドンズウォリアー。2025年産駒デビュー。さらにその父スパイツタウン。競合馬に噛みついて話題になったお馬。
30ダノンプレミアム2015120父ディープインパクト。2025年産駒デビュー。
31セイウンコウセイ201350父アドマイヤムーン。2025年産駒デビュー。
32ロンドンタウン201340父カネヒキリ。2025年産駒デビュー。韓国で供用予定がコロナで白紙に。注目かも。
33アスクピーターパン201830父フランケル。2025年産駒デビュー。母はストレイトガールの良血。未デビューのまま種牡馬に。
34シュウジ2013#20父キンシャサノキセキ。2025年産駒デビュー。
35バトルプラン200518(-37)父エンパイアメーカー。種牡馬を引退。お疲れさまでした。
36ダブルスター20092(-5)父シニスターミニスター 。種牡馬引退の模様。
37ヴィットリオドーロ20091(-8)父メダグリアドーロ。種牡馬引退の模様。
38スパロービート20050(-2)父サウスヴィグラス。種牡馬引退の模様。

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション

ブリーダーズ・スタリオン・ステーション共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1リオンディーズ2013400(+100)149(+7)父キングカメハメハ。種付料アップがどう影響するか。
2フォーウィールドライブ2017120(+20)139父アメリカンファラオ。2024年産駒デビュー。期待度高そうです。
3コパノリッキー2010150(0)130(-13)父ゴールドアリュール。堅調です。
4アルアイン2014120(0)108(+3)父ディープインパクト。2023年産駒デビュー。堅調な推移。
5フィエールマン2015200(0)107父ディープインパクト。2024年産駒デビュー。
6シュヴァルグラン201280(0)91(-38)父ハーツクライ。2023年産駒デビュー。
7ラブリーデイ201080(-40)67(-23)父キングカメハメハ。
8ディープブリランテ200950(0)64(+20)父ディープインパクト。
9ジャスタウェイ2009200(-100)61(-25)父ハーツクライ。この種付料ならお得では。
10ストロングリターン200680(0)59(-10)父シンボリクリスエス。
11ブラックタイド2001200(0)46(-27)父サンデーサイレンス。
12グレーターロンドン201250(0)43(-5)父ディープインパクト。2022年産駒デビュー。
13トーセンラー200850(0)29(-21)父ディープインパクト。
14サトノアレス201450(0)6(-20)父ディープインパクト。2023年産駒デビュー。
15ダノンシャーク20085(-17)父ディープインパクト。種牡馬引退。お疲れさまでした。
16アンライバルド200620(0)1(-3)父ネオユニヴァース。
17セイントアレックス200720(0)0(-1)父アフリートアレックス。
18マテラスカイ2014100父スパイツタウン。2025年産駒デビュー。
19キセキ201480父ルーラーシップ。2025年産駒デビュー。
20ダノンスマッシュ2015220父ロードカナロア。2025年産駒デビュー。

日本軽種馬協会

日本軽種馬協会共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1マクフィ2007250(0)133(+78)父ドバウィ。北海道静内で共用。
2デクラレーションオブウォー2009230(0)128(-6)父ウォーフロント。北海道静内で共用。2022年産駒デビュー。
3ノーブルミッション2009150(0)128父ガリレオ。北海道静内で共用。2024年産駒デビュー。
4バゴ2001100(0)105(-13)父ナシュワン。北海道静内で共用。
5アニマルキングダム2008120(0)81(-36)父ルロワデザニモー。ナスルーラ系。北海道静内で共用。2023年産駒デビュー。
6ケープブランコ2007#10(-10)33(+24)父ガリレオ。青森七戸で共用。
7エスケンデレヤ200750(0)30(+8)父ジャイアンツコーズウェイ。北海道静内で共用。
8ケイムホーム1999(-10)27(-20)父ゴーンウエスト。九州で共用。
9アルデバランⅡ1998#10(0)21(-16)父ミスタープロスペクター。青森七戸で共用。
10クリエイターⅡ2013#50(-50)21(0)父タピット。北海道静内で共用。
11スクワートルスクワート1998#10(0)17(+7)父マーケトリー。ミスプロ系。九州で共用。
12ネロ2011#20(20)13(-18)父ヨハネスブルグ。九州で共用。2022年産駒デビュー。アロースタッドより移動。
13デビッドジュニア200210(0)2(-3)父プリーザントタップ。北海道静内で共用。
14サニングデール19991(0)父ウォーニング。種牡馬引退の模様。
15ミスチヴィアスアレックス2017120父イントゥミスチーフ。ストームキャット系。北海道静内で共用。2025年産駒デビュー。

優駿スタリオンステーション

優駿スタリオンステーション共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1モーニン201280(+30)178(-12)父ヘニーヒューズ。2023年産駒デビュー。
2ミスターメロディ2015120(+20)174父スキャットダディ。2024年産駒デビュー。順調なスタートで種付料アップ。
3ホッコータルマエ2009250(+100)172(+11)父キングカメハメハ。引き続き堅調。
4シルバーステート2013600(+450)138(-27)父ディープインパクト。ドドンと種付料が4倍に。
5アジアエクスプレス2011150(0)134(-27)父ヘニーヒューズ。
6エスポワールシチー2005120(0)134(+27)父ゴールドアリュール。
7ベストウォーリア201050(20)126(-29)父マジェスティックウォリアー。2022年産駒デビュー。
8ヘニーヒューズ2003500(0)117(-15)父ヘネシー。
9カレンブラックヒル200970(0)84(-8)父ダイワメジャー。
10リアルインパクト2008100(-50)53(-76)父ディープインパクト。
11トビーズコーナー2008#20(0)45(-7)父ベラミロード。ソリストダンサーの活躍で今年こそ種付数アップなるか。
12ミッキーロケット201350(0)44(-37)父キングカメハメハ。2022年産駒デビュー。
13トゥザワールド201130(0)37(-33)父キングカメハメハ。
14ニシケンモノノフ201120(0)37(-12)父メイショウボーラー。2022年産駒デビュー。
15ゴールドアクター201150(0)33(-5)父スクリーンヒーロー。2022年産駒デビュー。
16サングレーザー201430(0)31父ディープインパクト。2024年産駒デビュー。
17レインボーライン201350(0)28(-14)父ステイゴールド。2022年産駒デビュー。
18キタサンミカヅキ2010#30(+10)10(-13)父キングヘイロー。2023年産駒デビュー。
19タイセイレジェンド2007#20(0)10(+2)父キングカメハメハ。
20ミッキースワロー201430(0)10父トーセンホマレボシ。2024年産駒デビュー。
21アルバート201150(0)8父アドマイヤドン。2024年産駒デビュー。
22ロジユニヴァース200650(0)6(+4)父ネオユニヴァース。
23フサイチセブン200630(0)4(0)父フサイチペガサス。
24ウルトラカイザー2008?2(+1)父レギュラーメンバー。2023年産駒デビュー。種付料は不明。
25サウンドスカイ201330(0)1(-3)父ディープスカイ。
26ローレルゲレイロ200420(0)1(-2)父キングヘイロー。
27インディチャンプ2015120父ステイゴールド。2025年産駒デビュー。
28ワールドプレミア201650父ディープインパクト。2025年産駒デビュー。
29リオンリオン201630父ルーラーシップ。2025年産駒デビュー。
30サトノジェネシス201630父ディープインパクト。2025年産駒デビュー。
31ロジクライ201320父ハーツクライ。2025年産駒デビュー。
32ザサンデーフサイチ20043(-2)父ダンスインザダーク。種牡馬引退。お疲れさまでした。
33サウンドボルケーノ20081(0)父ヘニーヒューズ。種牡馬引退。お疲れさまでした。

ダーレー・ジャパンスタリオンコンプレックス

ダーレー・ジャパンスタリオンコンプレックス共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1アメリカンペイトリオット2013#150(0)186(+100)父ウォーフロント。初年度は芝ダートともに堅調。
2サンダースノー2014#250(0)160(+8)父ヘルメット。デインヒル系。2023年産駒デビュー。
3タワーオブロンドン2015#150(0)134父レイヴンズパス。ミスプロ系。2024年産駒デビュー。
4パイロ2005#300(+50)126(-15)父ブルピット。
5ディスクリートキャット2003#150(0)111(+5)父フォレストリー。ストームキャット系。安定しています。
6フリオーソ2004#100(0)63(-44)父ブライアンズタイム。
7ホークビル2013#100(0)55(-40)父キトゥンズジョイ。サドラーズウェルズ系。2023年産駒デビュー。
8ファインニードル2013#250(0)54(-56)父アドマイヤムーン。2022年産駒デビュー。種付数半減。
9アドマイヤムーン2003#50(-50)39(+20)父エンドスウィープ。ついに50万円に。
10タリスマニック2013#180(0)37(-66)父メダグリアドーロ。サドラーズウェルズ系。2022年産駒デビュー。
11モンテロッソ200712(-32)父ドバウィ。種牡馬引退の模様。

ビッグレッドファーム

ビッグレッドファーム共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1ゴールドシップ2009200(0)106(+11)父ステイゴールド。
2ダノンバラード2008100(0)98(-6)父ディープインパクト。順調な推移。
3ウインブライト2014120(0)93父ステイゴールド。2024年産駒デビュー。上々な滑り出し。
4ジョーカプチーノ200630(0)23(-7)父マンハッタンカフェ。
5ロージズインメイ200050(0)16(-24)父デビルヒズデュー。
6ベンバトル2014250父ドバウィ。2025年産駒デビュー。
7アドマイヤマックス1999父サンデーサイレンス。種牡馬引退の模様。

イーストスタッド

イーストスタッド共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1ダノンレジェンド2010100(0)126(-17)父マッチョウーノ。種付料アップの影響もさほどなく。順調。
2マジェスティックウォーリア2005180(0)112(-63)父エーピーインディ。ちょっと種付数ダウンが気になる。
3ロジャーバローズ2016120(0)87(-10)父ディープインパクト。2023年産駒デビュー。アロースタッドとイーストスタッドを2年ごと行き来するシャトル種牡馬。
4ダンカーク200670(-30)65(-24)父アンブライドルズソング。
5アドミラブル201430(0)44(-26)父ディープインパクト。2023年産駒デビュー。
6オーヴァルエース201630(0)35父ヘニーヒューズ。2024年産駒デビュー。
7メイショウボーラー2001#30(-20)33(-17)父タイキシャトル。
8バンブーエール200320(0)28(-10)父アフリート。キャッスルトップの活躍で種付数増えそう。
9インカンテーション201030(0)24(-9)父シニスターミニスター 。2022年産駒デビュー。
10エイシンヒカリ2011120(-40)21(-35)父ディープインパクト。
11ハッピースプリント201120(0)21父アッミラーレ。2024年産駒デビュー。
12スマートオーディン201320(0)16父ダノンシャンティ。2024年産駒デビュー。
13ルックスザットキル201215(0)11(+2)父ワイルドキャットヘア。
14グァンチャーレ20127(-2)父スクリーンヒーロー。2023年産駒デビュー。種付料は、牡馬誕生なら25万円、牝馬誕生なら10万円。
15キタノコマンドール201530(0)4父ディープインパクト。2024年産駒デビュー。
16サングラス201120(0)3父スタチューオブリバティ。2024年産駒デビュー。
17リッチーリッチー2013P1(-1)父テオフィロ。2022年産駒デビュー。種付料はプライベート。
18オウケンブルースリ200530(0)0(-2)父ジャングルポケット。
19ヴァンゴッホ2018200父アメリカンファラオ。2025年産駒デビュー。
20サンライズソア201430父シンボリクリスエス。2025年産駒デビュー。
21サブノジュニア201530父サウスヴィグラス。2025年産駒デビュー。ちょっと期待してます。
22トゥザグローリー200718(0)父キングカメハメハ。2022年も種付するのか不明。
23メイショウサムソン200311(-14)父オペラハウス。種牡馬引退。お疲れさまでした。
24ディープスカイ20055(-5)父アグネスタキオン。種牡馬引退。お疲れさまでした。
25シゲルカガ20115(-13)父パイロ。2022年産駒デビュー。種牡馬引退の模様。
26ロードアルティマ20001(-2)父シーキングザゴールド。種牡馬引退。お疲れさまでした。
27チェリークラウン20041(-3)父チーフベアハート。行方知れず。
28クレスコグランド20081(0)父タニノギムレット。種牡馬引退。お疲れさまでした。

レックススタッド

レックススタッド共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

3(-2)父マンハッタンカフェ。2021年よりチェリーフィールズから移動した模様。同じく名簿にはなし。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1ゴールドドリーム2013150(+50)212父ゴールドアリュール。多い!
2スクリーンヒーロー2004P99(-22)父グラスワンダー。種付料はプライベート。
3スマートファルコン200550(0)90(+36)父ゴールドアリュール。
4ビーチパトロール201380(0)68(-31)父レモンドロップキッド。2022年産駒デビュー。
5ミッキーグローリー201330(0)64(-4)父ディープインパクト。2023年産駒デビュー。
6アポロケンタッキー201220(0)61(-16)父ラングフール。2023年産駒デビュー。
7エピカリス201430(0)50(-38)父ゴールドアリュール。2023年産駒デビュー。
8ノヴェリスト200950(0)43(+10)父モンズーン。
9エイシンフラッシュ200780(0)42(-4)父キングズベスト。
10パドトロワ200730(0)30(-8)父スウェオーヴァーボード。ダンシングプリンスの活躍で種付数アップなるか。
11ヴァンセンヌ200930(0)24(-12)父ディープインパクト。
12ブルドックボス201280(0)24父ダイワメジャー。2024年産駒デビュー。
13レーヴミストラル2012#20(-10)23(-11)父キングカメハメハ。2022年産駒デビュー。
14スノードラゴン200830(0)20(-3)父アドマイヤコジーン。2022年産駒デビュー。
15マツリダゴッホ200350(0)13(-10)父サンデーサイレンス。
16ハクサンムーン200930(0)6(-9)父アドマイヤムーン。
17シルポート200530(0)5(+3)父ホワイトマズル。
18ニホンピロアワーズ200770(+10)3(-4)父ホワイトマズル。
19レガーロ201320(0)1(-5)父バーナーディニ。2022年産駒デビュー。
20アグニシャイン2014#10(0)1(-4)父ハービンジャー 。2022年産駒デビュー。
21セイクリムズン200620(0)1(-2)父エイシンサンディ。
22ゴルトマイスター201630父ゴールドアリュール。2025年産駒デビュー。ユニオンOC馬!
23タニノフランケル201530父フランケル。2025年産駒デビュー。初年度種付数に注目したい1頭。
24ネオユニヴァース20001(-19)父サンデーサイレンス。2021年3月に種付中の事故で死亡。ラストクロップは1頭。
25フェノーメノ200918(-10)父ステイゴールド。種牡馬引退。お疲れさまでした。
26コパノリチャード201012(-6)父ダイワメジャー。2024年産駒デビュー。種牡馬引退の模様。
27ショウナンバッハ2011P3(-5)父ステイゴールド。2023年産駒デビュー。クローバーファームより移動。
28テイエムジンソク2012P3(-4)父クロフネ。2022年産駒デビュー。テイエム牧場より移動。

クラックステーブル

クラックステーブル共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1エキストラエンド200930(0)3(+1)父ディープインパクト。
2クワイトファイン2010P2(0)父トウカイテイオー。2023年産駒デビュー。
3ロールボヌール2012P1(-1)父フレンチデピュティ。2022年産駒デビュー。
4モンドキャンノ201430(0)1(-1)父キンシャサノキセキ。2022年産駒デビュー。
5リコーソッピース2014P0父ゴールドアリュール。2025年産駒デビュー。
6レッドスパーダ20065(-5)父タイキシャトル。名簿に名前なし。種牡馬引退?
7リヤンドファミユ20102(-4)父ステイゴールド。種牡馬引退。お疲れさまでした。
8マイティスピリット20151(-1)父ディープインパクト。2023年産駒デビュー。種牡馬引退。お疲れさまでした。

白馬牧場

白馬牧場共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1バンドワゴン201120(0)10(-1)父ホワイトマズル。2022年産駒デビュー。
2アスカクリチャン200720(0)10(+5)父スターリングローズ。
3ベーカバド200720(0)8(-2)父ケープクロス。
4アポロキングダム200320(0)7(-3)父レモンドロップキッド。
5ギンザグリングラス200520(0)5(0)父メジロマックイーン。
6ヤングマンパワー201220(0)4(-7)父スニッツェル。2023年産駒デビュー。
7マルターズアポジー201220(0)4(-1)父ゴスホークケン。2023年産駒デビュー。
8カイロス201010(0)3(-2)父サウスヴィグラス。2023年産駒デビュー。
9オウケンワールド201220(0)2父クロフネ。2024年産駒デビュー。
10エンパイアペガサス201320父エンパイアメーカー。2025年産駒デビュー。
12アポロソニック20101(-8)父ビッグブラウン。種牡馬引退。お疲れさまでした。

エスティーファーム

エスティーファーム共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1マクマホン2014P44(-4)父ラモンティ。父の父がマルジュ。2022年産駒デビュー。白馬牧場より移動。
2トーセンレーヴ2008P9(+6)父ディープインパクト。
3トーセンジョーダン2006P1父ジャングルポケット。活躍馬が出てくれるといいですが。
4トーセンホマレボシ2009P?父ディープインパクト。2021年の種付数は調査中。
5ヴァンキッシュラン2013P?父ディープインパクト。2021年の種付数は調査中。
6ミラアイトーン2014P父ロンロ。2025年産駒デビュー。

サンシャイン牧場

サンシャイン牧場共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1プレティオラス2009P4(0)父フィガロ。
2サイモンラムセス2010P2父ブラックタイド。2024年産駒デビュー。
3ハウライト2012P1父アドマイヤオーラ。2024年産駒デビュー。種牡馬引退の模様。
4コメート2012P0(0)父ブラックタイド。種牡馬引退したようです。

フォレブルー

フォレブルー共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
1ヘニーハウンド2008P5(-4)父ヘニーヒューズ。
2アッミラーレ1997P6(0)父サンデーサイレンス。
3ノーザンリバー2008P3(+1)父アグネスタキオン。
4ベルシャザール2008P20(-4)父キングカメハメハ。ブリーダーズ・スタリオン・ステーションより移動。
5スピルバーグ2009P9(-8)父ディープインパクト。イーストスタッドより移動。
6スウィフトカレント20012(-5)父サンデーサイレンス。2022年3月に腸捻転のため死亡。

その他

その他の共用種牡馬の種付料&種付数一覧です。

種牡馬名生年2022年種付料(万円)2021年種付数(頭)備考
アイファーソング2008P3(3)父ソングオブウインド。Wing Farmにて共用。
エムオーウイナー20010(-1)父ニホンピロウイナー。Wing Farmにて共用。種牡馬引退のようです。
ウエスタンパレード2011P0(0)父キングカメハメハ。ウエスタンファームにて共用。
ゴールデンマンデラ2017P8(1)父ゴールデンホーン。ウエスタンファームにて共用。2023年産駒デビュー。白馬牧場より移動。
レガルスイ2011P1(-1)父エイシンサンディ。エイトステーブルにて共用。2023年産駒デビュー。
リッキーボーイ2019P父コパノリッキー。小国スティーブルにて共用。2025年産駒デビュー。母ラブミーチャンのコパさん血統。未デビューのまま種牡馬入りです。
ハタノヴァンクール200920(10)3(-1)父キングカメハメハ。グッドラックファームにて共用。
クレイドルサイアー2001P0(0)父ノーザンキャップ。クレイドルファームにて共用。オグリキャップの直孫。2022年時点で2歳馬は2頭が血統登録。
ルースリンド2001P1(-1)父エルコンドルパサー。Gates Stabeにて共用。
ユアーズトゥルーリ2016P16(-1)父ロードカナロア。サンバマウンテンファームにて供用。2023年産駒デビュー。レックススタッドより移動。
ステッペンウルフ2016P1父サウスヴィグラス。新生ファームにて共用。2024年産駒デビュー。
サクラアンプルール201130(10)0(-2)父キングカメハメハ。新和牧場にて共用。2023年産駒デビュー。
サクラオリオン200230(10)3(-2)父エルコンドルパサー。新和牧場にて共用。
サクラゼウス2004P5(-1)父サクラバクシンオー。新和牧場にて共用。
フォクスホール2013P父ホールウォーカー。ストロベリーフィールドファームにて共用。2025年産駒デビュー。
フラットライナーズ2012P3(0)父シニスターミニスター。ストロベリーフィールドファームにて共用。2023年産駒デビュー。
ホールウォーカー2003P2(-3)父エイシンサンディ。ストロベリーフィールドファームにて共用。名簿にないので種牡馬引退か。血はフォクスホールへと繋がれました。
ゴールスキー2007P2(1)父ネオユニヴァース。ストームファームコーポレーションにて共用。
サドンストーム2009P1(0)父ストーミングホーム。ストームファームコーポレーションにて共用。なぜか名簿に名前なし?
ウインバリアシオン200850(0)25(-6)父ハーツクライ。スプリングファームにて供用。
オールブラッシュ201250(0)11父ウォーエンブレム。スプリングファームにて供用。2024年産駒デビュー。
タツゴウゲキ2012P1(-1)父マーベラスサンデー。大作ステーブルにて共用。2023年産駒デビュー。
カフェラピード2008P3(-1)父マンハッタンカフェ。太平洋ナショナルスタッドにて共用。
ストミーシー2013P8父アドマイヤムーン。太平洋ナショナルスタッドにて共用。2024年産駒デビュー。
ソルテ2010P3(2)父タイムパラドックス。太平洋ナショナルスタッドにて共用。2022年産駒デビュー。
ミキノドラマー2013P0(0)父ショウナンカンプ。ダイヤモンドファームにて共用。名簿には名前がない模様。
ミキノバンジョー2007P0(-4)父グラスワンダー。ダイヤモンドファームにて共用。
グランプリボス200850(0)3(-9)父サクラバクシンオー。谷川牧場にて供用。アロースタッド→イーストスタッド→谷川牧場と転々。
レオアクティブ2009P0(0)父アドマイヤムーン。谷口牧場にて共用。2022年産駒デビュー。
キャプテンキング2014P父ファスリエフ。チェリーフィールズにて共用。2025年産駒デビュー。
キモンノカシワ2009P2(2)父ディープインパクト。チェリーフィールズにて共用。種牡馬引退。
ラブイズブーシェ20093(-2)父マンハッタンカフェ。チェリーフィールズにて共用。種牡馬引退。
ブリーズフレイバー2007P0(-2)父フォーティナイナー。地興牧場にて共用。
バーディバーディ200720(0)6(1)父ブライアンズタイム。千代田牧場にて共用。
グロリアスノア200610(-10)1(-4)父プリサイスエンド。辻牧場にて共用。
クラグオー2010P0(-1)父クラキングオー。T・H・Tステーブルにて併用。
ハイパーホーネット2018無料父スーパーホーネット。T・H・Tステーブルにて併用。2025年産駒デビュー。無料!
キングプライド201210(0)0(0)父サウスヴィグラス。徳重推幸にて共用。2024年産駒デビュー。
ディープエクシード2013P3(3)父ディープインパクト。No.9ホーストレーニングメソドにて共用。
エーシントップ201020(0)16(-3)父テイルオブザキャット。新保牧場にて共用。
ダイシンサンダー2011P5父アドマイヤムーン。新冠タガノファームにて共用。2024年産駒デビュー。
タガノゲルニカ2002P0(-1)父ブライアンズタイム。新冠タガノファームにて共用。
カルストンライトオ199820(-10)0(-3)父ウォーニング。日西牧場にて共用。
クラウンレガーロ2010P3(0)父グラスワンダー。日西牧場にて共用。2022年産駒デビュー。
チャクラ2000P0(0)父マヤノトップガン。日西牧場にて共用。
キングリオ2012P(-2)父キングカメハメハ。原口牧場にて共用。2023年産駒デビュー。転売されたようだがいずこへ?
メジロダイボサツ2008P0(-1)父ディープインパクト。原口牧場にて共用。こちらも転売されてどこかへ。
オールステイ2011P(-2)父ケープクロス。ヒダカファームにて共用。
カフジテイク2012P父プリサイスエンド。ヒダカファームにて共用。2025年産駒デビュー。
アジュディミツオー2001P0(0)父アジュディケーティング。藤川ファームにて共用。
オネストジョン2004P0(-1)父エイシンダンカーク。フジモトバイアリースタッドにて共用。
ストゥディウム2012P0(-2)父ルースリンド。フジモトバイアリースタッドにて共用。2022年産駒デビュー。
エタリオウ2015P4父ステイゴールド。ベルサイユステーブルにて併用。2024年産駒デビュー。
グランシルク2012P1(-3)父ステイゴールド。北総ファームにて共用。2022年産駒デビュー。
ソールインパクト2012P1(1)父ディープインパクト。北総ファームにて共用。2024年産駒デビュー。
コパノチャーリー201220(10)6(6)父アグネスデジタル。本田土寿にて共用。2024年産駒デビュー。条件なしの20万円。
ロードバリオス200520(10)1(-6)父ブライアンズタイム。本田土寿にて共用。条件なしの20万円。
ジュンツバサ2012P0(-2)父ステイゴールド。マリオステーブルにて共用。
ゼンノロブロイ2000P2(-8)父サンデーサイレンス。村上欽哉にて併用。
エーシンシャラク2008P2(0)父タイキシャトル。吉野政敏にて共用。
テーオーヘリオス2012P0(0)父フサイチペガサス。吉野政敏にて共用。
キョウエイギア201310(0)3(-1)父ディープスカイ。ワールドファームにて共用。2022年産駒デビュー。
ディオスコリダー2014P0(-1)父カネヒキリ。前谷牧場にて共用。2022年産駒デビュー。
サトノインプレッサ2017父ディープインパクト。繁用先未定。2025年産駒デビュー。
サムライハート20022(-2)父サンデーサイレンス。2021年で種牡馬引退後、2022年1月に亡くなったとのこと。
オンファイア20032(-5)父サンデーサイレンス。種牡馬引退。お疲れさまでした。

【付録】2022年産駒デビューの種牡馬

2022年に産駒がデビューする種牡馬はこちら。太字は個人的な注目種牡馬です。

  1. リアルスティール
  2. サトノダイヤモンド
  3. マインドユアビスケッツ
  4. サトノクラウン
  5. レッドファルクス
  6. シャンハイボビー
  7. ヤマカツエース
  8. ダンスディレクター
  9. グレーターロンドン
  10. デクラレーションオブウォー
  11. ネロ
  12. ベストウォーリア
  13. ミッキーロケット
  14. ニシケンモノノフ
  15. ゴールドアクター
  16. レインボーライン
  17. ファインニードル
  18. タリスマニック
  19. インカンテーション
  20. リッチーリッチー
  21. シゲルカガ
  22. ビーチパトロール
  23. レーヴミストラル
  24. スノードラゴン
  25. レガーロ
  26. アグニシャイン
  27. テイエムジンソク
  28. ロールボヌール
  29. モンドキャンノ
  30. マクマホン
  31. バンドワゴン
  32. ソルテ
  33. レオアクティブ
  34. クラウンレガーロ
  35. ストゥディウム
  36. グランシルク
  37. キョウエイギア
  38. ディオスコリダー

産駒に出資しているリアルスティールが注目の一番手。サトノダイヤモンドも活躍が楽しみです。シャンハイボビーは種付数が堅調で現地の期待度は高そう。2022年より九州へ移動したネロも期待しています。

過去の種牡馬一覧