【日経平均】58円安も保有銘柄は大きく落ちる

本日の日経平均は58円安の20,618円ほどで着地。そんなに動きのない1日ともいえますが、前場は200円近く落ちている場面もあったかと思います。

対して私の保有銘柄はけっこう下がりました。

顕著な下落を見せたのは日野自動車<7205>と京急<9006>。中でも京急は、一昨日まで大きく伸びた反動で53円も下がりました。

京急が最近好調だったのは、羽田空港新ルートや、横浜カジノ誘致の話題が出たからでしょう。この手の大きな事業は国主導で行われたりするので、株価も盤石な姿勢でもって伸びていく印象があります。

問題は日野自動車の方でしょうか。前にもちょっと触れたかもですが、自動車株ってこんなに不安定なの?ってくらいユラユラ上下しています。日経平均ともあまり連動していない感じ。

手放す気はないのですが、見ていてハラハラしますね。持つ前はもっと底堅いイメージだったのですが。

ちなみに保有株全体として、しばらく新たな買い増しはしない予定。とりあえず増税後までは待とうと思っております。

とはいえ増税の影響が決算に出るのって来年の3月以降でしょうか。だとしたら、買い時のタイミングに早く今年分のNISAは使い切ってもいいかもしれませんね。この辺はもうちょい調べないと。

ちなみに私のNISA枠の残りは20万円弱とかなり少ないです!