オリックスと日野自動車が上がり含み益が大幅回復!

本日の日経平均は約73円アップのおよそ21,392円で終了。

この21,000円前後が、今の日本経済の適温な気がしています個人的には。

これに国内外の政治や外交などの情勢が絡んでくると、大きく上下するのではないでしょうか。つまり21,000円がフラット。

さて私の現在の保有銘柄に関してですが、本日は全体的に大きくプラスに動いてくれました。

中でも日野自動車<7205>のプラス38円と、オリックス<8591>のプラス24円が大きかったです!

自動車株は最近低迷気味でしたがようやく復調の兆しが見えましたね。車関連のことはよく分かりませんが、日産の動向もようやく見えてきましたし、悪材料というか膿が出尽くしたということでしょうか。まだまだありそうですが。

オリックスは先日の米中貿易摩擦の影響で株価が低迷したときに約1,500円にて100株ですが購入。完全に優待目的です。これが今や1,665円まで上がってくれているのですから嬉しいです。

外食関連も好調

自分の持っている銘柄では外食関連も順調です。すかいらーくHD<3197>やクリエイト・レストランツHD<3387>を筆頭に、ヴィアHD<7918>もだいぶ盛り返してきました。

驚くべきは日本KFCことケンタッキー<9873>ですね。私はずっと2,000円から動かない「(理由はわからんけど)不動株」だと思っていたのですが、最近一気に上昇し、本日は2,300円にまで上がってくれました。

ケンタッキーの株はたぶん20年は、売ることはないでしょうね…。安泰すぎる!

今年は損切りした銘柄がいくつかあるのですが、それら損切り銘柄はことごとく燻っていて、いまだに横ばいか下降傾向にあります。「あのとき売らなければよかった」という後悔はなく「売っておいて間違いなかった」ということになります。

やっぱり損切りって大事ですね。

一方で、下がっていても手放さずに持っておいた銘柄はどれも上昇気流に乗ってくれています。これは「自分の目が正しかった」とかではなくたまたまだと思いますが、多少なりとも自信には繋がってくれています。楽しいと感じられるのがありがたいですね。

今年はもうほとんど株式取引する予定はありませんが、引き続きポートフォリオの洗い直しはしてまいります。