第57回宣伝会議賞にエントリー

タイトルの通り、第57回宣伝会議賞にエントリーしました。

 

宣伝会議賞とは。

宣伝会議賞は、広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募いただく公募広告賞です。1962年の創設以来、「コピーライターの登竜門」として長年にわたり、若手のクリエイターやクリエイターを目指す方々にチャンスの場を提供してきました。昨年は50万点近くの作品が集まり、“日本最大規模の公募型広告賞”として進化を続けています。

(出典:「第57回宣伝会議賞」より)

私の本業はコピーライターではないのですが、物を制作し販売するにあたって、コピーライティングの勉強はたいへん役立っています。

商品に注目してもらい、販売数を伸ばす力をつけるのに繋がります。

宣伝会議賞に参加するメリット、パッと思いつく限りはこんな感じ。

  • 最先端のジャンルや技術、ノリに乗っている業界が把握できる(株式投資の参考になる)
  • クリエイティブな力を養える(頭の体操にピッタリ)
  • 本業の気晴らしになる
  • もし仮に入賞すれば賞金がもらえる!

 

入賞したらいくらもらえるの?

グランプリだと100万円!ほか、準グランプリで30万円だったり、一番多い協賛企業賞で3万円。

ほほう…。

まあ先ほどの抜粋にあるように50万点の作品が集まる賞ですから。入賞なんて夢のまた夢。

本業の方ならともかくとして。片手間でやる身としては、あまり賞金には期待せず。

ちなみに入賞までのハードルとして、1次通過、2次通過、3次通過まであります。

筆者は毎年、宣伝会議賞が始まるたび、「よっしゃやったる!」と気合いを入れて取り組みます。

課題は40社程度あるのですが、1社あたり50作品まで応募可能。最大で2000作品くらい送れることになるわけですが。今回から1課題あたり100作品まで送れるようになった模様。つまり最大で4000作弱送れるとのこと…。多っ!

だいたいいつも100作品も出せずに終わります…。

ちなみに去年は80作品程度。1作品だけ1次通過という結果。

だいたい1次通過率は1%程度(100作品に1作品!)だったと思うので、打率としてはまずまず…?

過去には2次通過までしたことも!マグレ中のマグレですが。

とにかく今回は数を稼ぎたいと思います。下手な鉄砲…ではないですが、とにかく量で攻めて、結果がどうなるかを見たいです。

私が気にするのは1次通過率です。2次通過以上は実力不足を痛感しておりますから。

というわけで。たくさん書きます宣言をここでしておけばきちんとやれるのではないかと思い、今回書いてみた次第でございます。

で、何作品出すのよ?

今回は36社だそうだから…1社平均20は出すとして…720作品?

弱気じゃね?

ぐ…じゃあ1000!

本当に行けるかどうか分からんですが…未知の領域、4桁目指しましょうか!

ちなみに8月末に募集が始まったらしいのですが全く気づかず、昨日から着手してるんですけどね。

すでにグダグダ…

1週間ほどの遅れですが、頑張りたいと思います…。