またまた含み損に…京急を買い増し

行ったり来たりの振り子のような気分を味わっております。

本日の日経平均は261円マイナスの21082円で引けました。

NYダウが大幅上昇だったので日本にも期待したのですが…。

出だしは前日比プラスだったのに、ずるずる後退、最終的にマイナスは200円以上を超える自体に。なんてこった。

保有銘柄の含み損益は、一昨日がマイナス、昨日がプラス、そして本日再びマイナスに…。

こんなに行ったり来たりを経験するのは初かも。明日はまたプラスに戻るのかしら。

ここが私の保有銘柄のど真ん中付近ってことなんですかね〜?

京急を100株増やす

そんな中にあって安値かなと感じていた京急<9006>を買い増し。これで200株に。

100株増やしたことで優待の全線きっぷが年間2枚追加されます。

取得平均株価は1700円半ば。現在は1627円ですから含み損となっています。う〜ん、確かにインバウンド需要の低下で業績不振は否めないでしょうが…こんなに安値をつける必要もない気がするんだけどよなあ。

この京急については、NISAで買った銘柄ですが、権利前の3月末に思っていた以上に高値をつけていたら、売却することも考えています。

3月末までにコロナが落ち着いて日経平均も元に戻っている可能性、現状まだまだ薄いですけどね…。

ここ数週間の反省点

下落相場でいろいろ買っていますが、どれもやや高値でつかんでしまったようで後悔。

あさひ<3333>、鉄人化計画<2404>、クリエイト・レストランツHD<3387>。どれも買ったときよりも値が下がり続けています。

まあ底値をつかめるなんて思ってはしませんが。少し焦り過ぎてしまったかなあっていう反省がありますね。

京急に関してはナンピンみたいな形になりましたが、絶対安いと思うんだよなあ。コロナが長期化するにしても、たとえオリンピックが延期や中止になるとしても。電鉄会社ですから、安定した収益は見込めると思うんです。

私の読みが合っているか間違っているか。答え合わせできるのはまだあと半年くらい先でしょうか。引き続き相場を見守ります。