日経平均2万円を超える、連休前の明日はさすがに下がるかな?

本日の日経平均は前回比で422円のプラス。3月6日以来の2万円超え、2万193円で引けています。

保有銘柄もだいぶ回復。損益率はマイナス8%となりました。

日経平均と損益率の動きを比較したものがこちら。

保有銘柄の評価損がゼロになる日はまだだいぶ先となりそうですが。マイナス10%以内におさまったのはようやく一息ってところ。

マイナス8%あたりであれば、過去の配当やら優待分も考慮すればプラマイゼロ地点に限りなく近い。安心材料にはなります。

あとは個々の銘柄がこれからどれだけ粘り強さを見せてくれるかですね。

飲食は引き続き回復してきましたが、他の業種で今一つなものも多く。

やはり自動車がきつい。我が家は日野自動車<7205>だけ持っているのですが、本日45円のプラスではあったものの、取得時の価格に戻るのはまだまだ先。長い時間をかけて戻ることでしょう。

流通が途絶えてしまっているのですから仕方がないですねこれは。

あとはオリックス<8591>、タカラトミー<7867>なんかもう少し上向いてくれてもいいんじゃないかと思っていますが…。

前々からいうように飲食のような実体経済の最前線みたいなところはまだまだ探り探りの動きでいいと思いますが、グローバルに展開しているところや、インターネット販売に力を入れるおもちゃやゲーム系とかはもう少しプラスに動いてくれてもいいような。

明後日からは連休に入るので、取引は明日で一区切り。ということで明日は下がるでしょうね日経平均。緊急事態宣言の延長もどうなるかわかりませんし。

しばらくはこの動きを眺めているだけ。取引は一切しないと思います私。