ユニオンオーナーズクラブ2020募集馬カタログ到着、気になった馬をピックアップ

ユニオンオーナーズクラブの2020年募集馬のカタログが届きました。

今年は自粛で暇ということもあり、前々からかなり出資候補を絞ってきました。

その辺の記事はこちら。

ユニオン公式の、募集馬ラインナップはこちらです。

それでは最終的に、私が気になった馬(必ずしも「出資候補の馬」という意味ではありません)を、一口コメントとともにここで書き留めておきます。気になった順ではなく、募集馬のナンバリング順です。

PEGASUS-4 ゴールデンポケットの2019

父ゴールドシップ、母父ジャングルポケット。募集額は500万円(2万5000円×200口)。粕谷昌央厩舎。

ゴールド×ゴールド配合。芦毛ではなく栗毛に出ており、なぜかオルフェーヴルに似ているように見えます(確かにオルフェとゴルシは配合似ていますが)。「ほんとにゴールドシップ産駒?」と疑いたくなるくらいに上品な気配(ゴルシに失礼)。

なんといっても注目ポイントは募集額の安さ。本年度の最安値ですね。

ただ500万円というと私は…リトルキラーを思い出してしまいます。

リトルキラーにはいろいろ苦い思い出を喫しましたので、安いからといって飛びつくのは気が引けてしまいます。ゴルシファンは多いと思うので、価格の安さもあってすぐ満口になるでしょうか。とりあえずしばし少し様子見の候補です。

PEGASUS-16 タイニーダンサーの2019

父シニスターミニスター、母父サウスヴィグラス。募集額は2400万円(12万円×200口)。伊藤圭三厩舎。

強気な募集額だな〜と以前感じましたが、なるほど確かにその値段もうなずける気配。初仔ですが馬格もかなりあります。

ただやはり私は、初仔という点であることと、あとダート特化血統であるという点から、出資候補には入ってはいません。でもすごく気配ありますね。応援したいです。

ちなみに今回はシニスターミニスター絡みの血統はすべて「気になる馬」としています。

シニスターミニスターについてはこちら。

PEGASUS-18 エスジーアンクルの2019

父リオンディーズ、母父シニスターミニスター。募集額は1600万円(8万円×200口)。林徹厩舎。

シニスターミニスター記事でも気になる馬として挙げた本馬。黒鹿毛でかなりかっこいいですね。カタログの中でいちばん「怪しさ」を漂わせています。なんかやってくれそう。マルゼンスキーのクロスにも惹かれます。

生産者は「芝で」と話されていますが、さすがにダートでは…?

父リオンディーズは今年から産駒がデビューしています。こちらの成績を見てから、出資を決めるのがいいでしょう。1600万円というのもなかなかの価格ですし、じわじわと売れていくタイプでしょうか。

リオンディーズも活躍したら、エピファネイアともどもいよいよシーザリオの時代ですね。サートゥルナーリアも種牡馬成績が期待できます。

今年こそは美浦の厩舎に出資したいのですが、するならこの仔かもしれません。林厩舎が最近気になるお年頃なので。

PEGASUS-22 レディインディの2019

父キズナ、母父A.P.indy。募集額は2200万円(11万円×200口)。矢作芳人厩舎。

挙げないわけにはいかない、って感じの今年の注目馬の1頭ではないでしょうか。兄姉に活躍馬が多いですし、この実績で2200万円、そして父キズナなら思わず出資をしたくなります。

資金が豊富にあって、たくさん出資してリスク分散するなら、この仔はまず第一候補にするかな、という感じ。まあ私はそんな資金ないのでできないですが…。

PEGASUS-24 エアラホーヤの2019

父エピファネイア、母父ボストンハーバー。募集額は2200万円(11万円×200口)。松永昌博厩舎。

ザ・ユニオン。マジェスティハーツやラプタスの下に当たります。

エピファネイアを付けているあたり、さすがだよなあ、と思わせます。

「こんな価格でいいの?」というくらい価格も安いのではないでしょうか。

ノーザンダンサーの5×5×5フェチなので、すごく気になっちゃう。

PEGASUS-31 コーディーラインの2019

父キタサンブラック、母父ミスワキ。募集額は1200万円(6万円×200口)。清水久詞厩舎。

注目のキタサンブラック初年度産駒の1頭ですね。しかも生産牧場はキタサンブラックの生誕地(追記注:キタサンブラックと同じ「日高町」の生まれ、という意味です。生産された牧場は違います)。生産者の思い入れも強そう。入厩するのもキタサンブラックの清水厩舎!

「キタサンブラック産駒はダート寄りの仔が多いかな?」なんて馬体を見るまでの想像では思っていましたが、本馬を見る限り、むしろ芝極振りな産駒が多くなるのかもしれませんね。やっぱりサクラバクシンオーの血が入っているっていうのがでかいのかしら?

キタサンブラックについては未知数度合いが大きすぎるので、出資には至れなさそうですが、全力で応援しますとも。ええ。

それにしても清水厩舎。この先数年はブラックタイドやキタサンブラック産駒ばかり預かることになるのではないでしょうか。数えてないので正確な数値はわからないですが。そんな気がする。

PEGASUS-34 ウインキナウの2019

父オルフェーヴル、母父キングカメハメハ。募集額は1000万円(5万円×200口)。佐々木晶三厩舎。

カタログでは冬毛が出まくっていてパッとしない馬体ですが。血統背景やらいろいろ加味すると非常に気になる存在ですね。

何よりユニオンとオルフェーヴルとの相性ですよね。これを書いている昨日も、オルフェーヴル産駒のスライリーが新馬戦勝ちましたし。スライリーが900万円で、こちらは1000万円。オルフェーヴルの活躍を踏まえると安すぎます。

そういうのもあってけっこう早くに埋まってしまう可能性も考えられますよね。かなり出資意欲高いですが、どうしよう。早く決断しないといけませんね。

PEGASUS-36 ゴールドチェイスの2019

父ロードカナロア、母父アドマイヤムーン。募集額は3000万円(15万円×200口)。矢作芳人厩舎。

短距離に出走していたらつい馬券を書いたくなりそうな血統ですね。馬体に惹かれたとかそういうのはないですが、気にしておきたい1頭です。

PEGASUS-40 キングスベリーの2019

父シニスターミニスター、母父キングヘイロー。募集額は1800万円(9万円×200口)。寺島良厩舎。

言わずと知れたキングズガードの全弟。それ以上でも以下でもない。厩舎が同じなのも魅力です。

十中八九、ダートでしょう。

PEGASUS-41 ブライトエルフの2019

父シニスターミニスター、母父ブライアンズタイム。募集額は1400万円(7万円×200口)。庄野靖志厩舎。

ユニオン会員だったら1度は出資したいエルフ一族。牧場の執念を感じますよね。毎年絶妙かつ魅力的な配合の馬を募集されています。私がシニスターミニスター好きだからよりそう感じるだけかもしれませんが。

同系血統で2歳のユニオン馬リングボーイの活躍を見届けつつ、出資是非を決めたいと思います。

出資候補はとりあえず4頭

募集馬の第一報を見た当初は「さほど気になる馬はいない…」なんて書いていましたが、カタログで拝見したらなんやかんやで気になる馬はたくさんいました。

他にもライトインパリスの2019や、スズカエルマンボの2019も気になるわけですが、明らかに「あからさま」というか、人気になりそうなので、上記にはピックアップしていません。

私は先行募集のチュウワプリンセスの2019と、アースエンジェルの2019が気になるわ!

チュウワプリンセスの2019は私も実はまだ出資を考えていたり。アースエンジェルの2019は初仔で小さくなりそうなので、今回は候補外としました。

さて、いろいろ挙げたわけですが、私が出資したいと感じているのは以下の4頭です。こちらは気になる順。

  1. ウインキナウの2019
  2. エスジーアンクルの2019
  3. キングスベリーの2019
  4. ブライトエルフの2019

案の定、シニスターミニスター関連が多めです!!!

ウインキナウの2019は「とりあえずビール」くらいの感覚で、2020年募集に出資するならまずこの仔から行ってみたい気分です。5万円なら、仮にダメでも…っていうくらいに価格が安いですよね。

エスジーアンクルの2019はまったく気にしていなかったんですが、ここに来て急浮上です。1口8万円をどうとらえるか、でしょうか。

4頭中3頭が牡馬となりましたが、これはたまたまです。

とりあえずウインキナウの2019は無条件で行っといて、あとは公式の定期報告を見つつ、という風にするのが当面の算段でございます。

以上、けっこう長くなりましたが、ユニオン2020募集馬の気になる馬まとめでした。