「カラオケの鉄人」の「テレワークパスポート」を買ってみた。30日間部屋使い放題!

スポンサーリンク

緊急事態宣言が延長となりまして。我が子の幼稚園スタートもさらに後ろへと倒れました。

遊んでくれ〜い!

子どもに絡まれながらの仕事の日々…さすがに疲れた

図書館閉まっているし、カフェもやってないし…ゆとりを持って仕事できる空間が、ナッシング!

以前、オススメの仕事スペースの記事を書きましたが、このコロナ禍ではあんま役に立たないですね…。

そんな折、「カラオケの鉄人」で「テレワークパスポート」なるものを発行していることを知りました。

要するにカラオケルームをワークスペースとして拝借できるプラン。これが驚きの安さ!

さっそく使ってみた次第です。

利用してみた感想を書き殴ります!

スポンサーリンク

対コロナ用サブスクリプション

なんかちょっとかっこ良さげな見出しになりました。

サブスク自体はもうここ最近は浸透しまくっていますよね。いわゆる使い放題パックなわけで、定額のネット料金なんかもある種サブスクでしょう。最近だと牛角が定額制食べ放題を始めましたがあれも新しいかたちのサブスクです。

サブスクリプションを詳しく知りたい方は検索しましょう。

サブスクリプション
検索

カラオケの鉄人もサブスクビジネスを開始したのね!

開始といっても、コロナによる自粛下での限定的なプランだと思われますが。

そもそも大赤字覚悟のめちゃくちゃに安いサブスクプランだと思いますこれ。詳細はあとで言いますけど。

30日間、カラ鉄の部屋を使い放題で2,480円(税抜き)!

もちろんいろいろ条件はあるんですけど。30日ワークスペースを確保できるってだけでもこの安さはビックリですよ。フリーランスには非常に重宝しそうな存在。

普段からコワーキングやシェアオフィスの検討をしてきたフリーランスの身としては、破格の安さに感じています。

プランは使い放題の他にもいろいろあります。それでは詳しく説明しましょう。

ドリンクも飲み放題でこの安さ!

実際に公式のキャンペーン内容を見てもらうのが早い。

ふむふむ、いろいろプランがあるのね。

左から、3回利用、10回利用、そして30日間使いたい放題ですな。30日プランが抜群に安いと思う。

TwitterやFacebookのSNSでシェアすれば、割引してくれるのね。

そうそう。30日使いたい放題のマンスリーパスポートなら本来は3,980円ですが、SNSで紹介すれば2,480円になります。

1,500円も引かれるのね…。

ただしただ紹介するだけじゃなく、「#テレワーク」「#カラオケの鉄人」っていうハッシュタグを付けないといけません。おじさん人生で初めてハッシュタグ使ったよ…。

というわけで私は30日間のマンスリーパスポートを2,480円で購入。

全店どこを訪れても、これからはお金を払わず、テレワーク場として利用できます。パスポートを提示すればいいだけ。

ドリンク飲み放題なのね!

ただしカラオケ機器は利用できません。あくまでテレワーク目的のプランですからね。でも自分のパソコンやスマホから音楽流してひとりで熱唱するのとかは大丈夫でしょう。

ちなみに利用はもちろんひとり。2020年4月現在カラオケの鉄人は、歌う目的の人もひとりでの入店に制限しています。ヒトカラ限定です。

土日祝日以外の10時〜20時まで使いたい放題。最高だなあ。

30日というのは、土日祝日は除いた30日。私は5月11日にパスポートを購入したので、6月19日まで利用できます。

SNS割で、3回おためしパスポートだと1,480円。対してマンスリーパスポートなら2,480円。これなら後者を迷わず選ぶわね…。

ほんととんでもないプランです。

使ってみた感想

カラオケの鉄人は現在コロナ対策を徹底しています。定期的にトイレやドリンクサーバーのメンテナンスを行っていますし、受付もめちゃくちゃ防疫武装されていました。

購入申込を記入した直後に店員さんが、私の持ったペンを消毒しまくっていましたからね。

ちょっと前ならありえない行為よね…「私の手がそんなに汚れているとでも?」ってお叱りを受けそう。

今だからこそ受け入れられる新しい価値観ですね。まさにアフターコロナの世界。

まあ感染リスクについて私は心配していません。部屋も朝一の利用ですから、きちんと消毒された状態ですし。

ドリンクいくらでも飲めるってのは嬉しいよな〜。

コワーキングとかでもドリンク飲み放題のところはありますけど、この価格での提供はなかなかないと思います。

30日間使い通したら、100円弱ですよ1日。100円で10時間もいられるってすごい。

まあそこまでとことん使うヘビーユーザーなんてごくわずかでしょうが。

少なくとも私は、1日平均3時間程度は利用することになるかな。

利用していて不満は特にありませんね。

カラオケ機器は使えませんが、電源もWi-fiも使えますし。読書したりゲームしたり勉強したり、あとは睡眠をとっても問題ないでしょう。

強いていえば、10人は優に入れそうな部屋にひとりでいる孤独感…でしょうか。

時代に合わせにくるカラ鉄

さて急に株式投資の話になりますが、私はカラオケの鉄人を運営する鉄人化計画<2404>の株を保有しています

ということはこの記事…ステマね!

ちゃんと公言したからステマではないでしょ…?

鉄人化計画っていろいろ新しいことにチャレンジしている攻めた会社さんです。応援したいんですよね。

コロナショックで200円くらいになったところでつかめたので、今後もずっと持っていようと思いますし。優待もありますし。

現在株価は286円くらい(2020年5月11日時点)。

現在行っているテレワークパスポート、経営的にはほぼほぼ赤字かなとは思います。空いている部屋を埋めておくだけの、まさに埋め合わせ施策でしょう。

しかしSNS割で顧客による情報拡散が行われていますし、私もこのようにマーケティングの一部になり、売上に貢献できるのは喜ばしいところ。

これらひとつ一つの、コロナ禍でも諦めずむしろチャンスととらえて動く姿勢は見習いたいですよね。結果として実り、1年後2年後の業績は回復していることを願っています。

鉄人化計画だけでなく、今後多くの会社が、アフターコロナの世界に合わせた事業を広げていくことでしょう!

こういった柔軟な動きができているかどうかって、会社の今後を占う上でも観察する価値はあると思います。進むところ、置いてかれるところ、はっきりすることでしょう。