【第57回宣伝会議賞】課題「BRUNO」「サントリー」「日本IBM」について

先日の日曜日にひとまず50作品送るという目標を掲げた第57回宣伝会議賞。無事に50作品作ることができました!

都合上、実際に作品登録したのは32作品。でも完成したコピー自体は50作品を無事に超えることができました。

ついさっき知ったのですが、今年から1課題につき100作品まで送ることができるようになったそうですね。去年までは50作品でした。

100作品の36課題…全部で最大3600本まで作品が送れると。

100作品はうーんって感じですね。私にはせいぜい1課題につき30〜40本が限界です。そのくらいしか切り口が出てこないよぅ。

さて今日は取り組んだ課題の感想や雑記を書き留めておきます。

ちなみに私は気になった課題、なんとなく着手しやすそうに感じた課題から取り組むようにしています。

BRUNO

ライフスタイルブランド「BRUNO」をたくさんの人に知ってもらうためのアイデア

シャレオツなホットプレートが人気のブランド。他にもオシャレで使い勝手のいいアイテムをたくさん販売しています。

大人たちの遊び心が詰まったブランドだそうで、「遊び」を起点にいろいろ広げてみました。

この課題だけでひとまず32作品を応募済み。

BRUNOについてはこれ以上コピーを作る予定はありません。これ以上考えてもいまいちなものしか生まれない気がして…。あくまで1次通過率重視ということで、数を絞っての応募です!

サントリー

クラフトボスを手に取りたくなるようなアイデア

お、これよく飲むやつだ!!

ということで早速トライ。けっこういろいろな切り口ができました。世の中の働き方の移ろいがポイントとなりそうですね。20代から30代に刺さるコピーが良さげか。

私はフリーランスですが、正社員の方、リモートワークの方、デュアルライフを送っている方など、いろんな働き方をしている人になりきってコピーを書くのが良いかなと思い、その方向で進めてます。

こちらの課題はさらに切り口が生まれる可能性もあるので、今後もちょいちょい見直す予定。現時点で30個前後といったところです。

日本IBM

IBMフラッシュ・ストレージの3つの特徴をわかりやすく、魅力的に伝えるアイデア

フラッシュ・ストレージ来ましたか。走攻守すべて揃ったすんごいストレージ君ですね。

性能だけ見ればあまりに優れているのですが、中身を覗くと何が何やらわからんやつ。というわけで何かに言い換えて、みんなにとってイメージしやすいもので表現するってのがベターでしょうか?

キーなのは課題にある「3つの特徴をわかりやすく」ってところですね。3つともって欲張り過ぎじゃないですか…。1つのコピーに入れる特徴って、せいぜい2個くらいでいいんじゃないですか…。

って思ったりもしなくもないですが。結局1次通過作を見ると、1つの特徴だけにフォーカスしたものが通っていたりするんですよね。どうなんだろうか。

あと何となくですが、この課題はラジオCMやテレビCMの方が割合的に多く通過しそうな気がしてます。やっぱこういうIT機器って、視覚や聴覚で魅せる方が説得力あるでしょうし。

日本IBMは初稿みたいなのはいろいろ書いているものの、ブラッシュがまだ足りていないので、後日見返して整えます。こちらは多くとも20課題くらいしか出せないかなあ…。

日曜までに250本完成なるか

日曜までに250本納品を目指しているわけでして。

いや〜やっぱきついですなコピー作りって。楽しいけどきつい。あとちょっと仕事が忙しくなってきてヤバい。

腰のあたりがキューって痛くなってきました。忙しくてストレスがそこに溜まるんですよ…。

でも、やり切らないとね!

うむ、今年こそはたくさん応募してみせる!