「年金2000万円不足問題」に関してちょっと言いたい

少し前に、「年金2000万円不足問題」が話題になりましたよね。

金融庁がまとめた、

「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 高齢社会における資産形成・管理」

というなんとも長ったらしい報告書に、「老後は年金以外に2000万円が必要だよ!」って書いてあって、巷がワッと騒いだアレです。最近いろいろ目立つニュースがあって、だいぶ埋もれた感はあります。

今更ながら、あの話題に関しまして、私なりの意見を述べさせていただきます。もしかしたら他のメディアで言い尽くされていることかもしれないが、私も書きたいんです。書かせてください。お願いします。

独断と偏見たっぷりなので、間違っている点も多数あるかもしれません。その際は、お問い合わせフォームからそっと知らせてくれるとありがたいです…。

2000万円不足はずっと前から言われてた

私は仕事柄、総務省など行政が作成した資料をじっと眺めることがあります。ていうか個人的に好きでよく見たりするんですけどね。

で、「年金2000万円問題」が話題になったとき、私こう思ったんですよ。

へ?いや、前から報告されてたじゃん

そもそも、「老後は年金以外に2000万円が必要だよ!」っていう報告自体は、今回話題の的となった「金融〜〜」よりもずっと前にされていたことです。

実際、総務省の「家計調査2017年」(問題ないと思うんでリンク貼っておきます)にも書いてあります。もっと前の調査書にも書いてあったはず。

とにかくこの報告書にはこう書いてあるんです。要点だけまとめます。

  • 高齢夫婦無職世帯(夫65歳・妻60歳)の月の収入は20万円くらい(主に年金っすね)
  • んで、月の支出はだいたい25万円くらいなの
  • だから差し引き、5万円マイナスだよね
  • もし30年生きるとしたら、5万円×12×30=1,800万円の赤字
  • だから、事前に2,000万円は貯めておこうね♪

 

いや〜これね、ツッコミどころ満載なんですよ。

まずね、総務省の報告書。すっごい嘘くさいんですよ。

意図的なのかは知りませんが、ハイソサイエティでアッパーグレードな方々だけを調査対象にして報告まとめているんじゃないかと。これ別に家計調査だけの話じゃないんだけどね。

まず、年金で20万円近いって。国民年金に加えて、かなりいいところの厚生年金やら企業年金やらに入っていないともらえないでしょう。まあぶっちゃけ公務員でしょう。

あと、「30年生きる場合2,000万円必要」と言っている点。30年後って、夫が95歳で妻が90歳ってことですよ。

いや、どっちかは逝ってらっしゃるんじゃないか?

長寿夫婦過ぎるでしょう。

もしいたとしても、このような長寿夫婦は物だけでなく色々なモノに満たされた暮らしを送っているはずだから、たとえお金が底を尽きても周りからたくさん助けてもらえそう。勝手な想像ですが。

ここがヘンだよ家計調査

そして何と言ってもおかしいのが支出。

月25万円の支出ですよ?

主な内訳もかいておきましょう。

食費6万4千円
居住費1万3千円
交通・通信費2万7千円
娯楽費2万5千円
その他5万4千円
などなど…

いやいやいや…食費に6万以上も使います?老後でしょ?

どれもこれもヘン過ぎる。娯楽費もちょっと我慢して1万円くらいに削ればよろしいやん。その他の5万って一体何よ…。

っていう具合なんですよね、家計調査って。

30代2人以上世帯、月25万も消費する?

家計調査の月ごとの収入と支出、世代別でも見てみましょう。2人以上世帯の場合です。分かりやすいように数字はおよその値に丸め込んでいます。収入や支出の定義も正確ではないですが、細かいことはとりあえず抜きにしましょう。

40歳未満の収入40万円/支出25万円
40〜49歳の収入48万円/支出32万円
50〜59歳の収入48万円/支出36万円
60歳以上の収入34万円/支出31万円
皆さん、自分の世代で比較してみてください。この収入と支出のバランスに当てはまるでしょうか。
少なくとも我が家は全く当てはまりません!

収入は夫婦ともにフリーランスなんではっきりしないですが、支出は20万円に達することはまずあり得ません。せいぜい15〜17万円の間です。

子どもが大きくなって、私立に通ったり習い事や部活をしだすとこれくらいかかっちゃうんですかねえ?

40歳未満で支出25万円は震える…。

長期的節約で老後資金は絶対貯まる

とにかく、異次元なんですよ、行政の出す報告書って。住んでる世界が違う人々の物語。私から見ればですが。

だからあまり信用ならないし、つまるところ「年金2000万円不足問題」もヘンテコリンなわけでして。

一時期はデモも起きていたみたいですが、あっという間に沈静化したのもうなずけますね。

で、唐突に結論ですが。

老後の生活に困りたくなければ、今から支出ガンガン減らせばいいんだよ!

節約ですね。

家計調査の全世代消費支出平均は28万円。節約で20万円切ることは可能だと思うんすよねえ…。

では実際にどうすれば節約できるか、ですが。

いろいろあるでしょうね。「節約」で検索すればゴロゴロ出てきそう。

やれる節約だけやって、支出を減らしていけば、老後も安心して暮らすことができるはず。きっと。

とりあえず、月々の支出を1度洗いざらい見直してみることをオススメします。家計調査と照らし合わせる必要はありませんが、見直すことでやけに費用がかかっている項目が見えてくるはず。食費、通信費、娯楽費、あとは保険料とか。コストをゴッソリ落とせると思いますよ〜!

収入を上げることよりも、先に無駄な支出を抑えることが今の時代には適っています。家族も会社も。

で、長期的な計画でもって運用していけば、60歳や70歳のときには資産ウン千万円も無理ではないと思うのです。

我が家は、超絶節約に基づいた逃げ切り生活でもって、老後資金を貯めています。

 

何度も言いますが、一度月の出費を洗いざらい書き出してみましょう。話はそこからです。

我が家の出費についても、これからガンガン記事化していきます!