沼田まほかる著「猫鳴り」

まず、表紙とタイトルの良さ。猫好きで本を読む人ならまず手を出してしまうでしょう。ただ、軽い気持ちで読むと大ダメージを食らう可能性があります。とにかく悲しい。あったかいけれど、悲しい。

「猫鳴り」は著者の造語で、猫が喉をゴロゴロさせるあれを指しています。

モンという一匹の猫に関わる3人の物語。文体的なものとしては、国語の教科書や試験問題に出てきそうな流れで、私としては最も馴染みやすい作品の一つです。ただ、3人の主人公による3部作なわけですが、各部作ごとのつながり若干弱いように感じられました。特に2部とか。

猫の生き死にを描いているので、動物を飼っている人ほどツライでしょう。私も途中あまりにきつくて、読むのを止めようかと思ったくらい。でも、この作家さん、初めて読むのですが、すごく引かれます。「作品を追いたい」と思える方に出会ったのは久々です。

なぜか、子供の頃に好きでよく読んでいた絵本「100万回行きたネコ」を思い出しました。猫というワードだけでなく、どことなく通った部分があると思います。いわば「大人のための絵本」といった感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。