引き続き冴えない保有銘柄、これ以上下がると…ヤバイ!

最近更新を控えていた(市場を黙って見守っていた)株式投資。

昨日2020年7月30日の日経平均は、前日比57円マイナスの22339円となっています。

日経平均自体はまずまずなんですが…。

いや〜保有銘柄はかなり悲惨です。

すかいらーくHD<3197>が昨日一気に下がったわね〜。

昨日だけで69円も下がるとは…何があった!?

こんなに下がる材料なんてないような…やっぱり感染者数の増加が影響しているのでしょうか。飲食は直撃ですもんね経営に。

他の銘柄も冴えません。飲食ばかり持っているから覚悟の上とはいえ、日経平均とまったく連動していない感じなのが見ていて痛々しい。

現在の我が家の保有銘柄の損益率はマイナス15%と、コロナショックの真っ只中だった3月下旬から4月上旬の実績近くにまで落ち込んでいます

コロナショック時の日経平均はだいたい1万7000〜8000円。しかし現在は2万2000円台。

日経平均はまずまず回復しているのに、我が家の保有銘柄が冴えないということは、飲食主体にしている我が家ですから、飲食系がこぞって立ち直れていないことを物語っています。

まあ株価で比較せずとも明らかなことなのかもしれませんがねえ。

ここまで明快に客観的数字で提示されると、なんかもうやるせなさみたいなのを通り越して清々しい。むしろ逆にもっともっと飲食銘柄を買って応援したいくらいの気分です。

でも、もう弾切れ

資金がございません。これからのコロナの冬に備えて、ある程度の蓄え、内部留保も必要ですし。投資に回すお金なんてものはないに等しい状況であります。

それにしても昨日の落ち込みはひどかったわね。

飲食だけじゃなく、オリックス<8591>や京急<9006>もかなり落ちたしなあ。自分だけが市場から取り残されているような、そんな気分。

現在損益率マイナス15%といいましたが、これまでの株式の売買益や配当、優待などを加味してもマイナス状態。負け越しです。

せめてマイナス10%くらいにまでは回復してほしい…!

これでもし再度の緊急事態宣言や、営業自粛が加速する事態になり日経平均が2万円を割り込む事態になったら…はたして我が家の損益率はどんなことになってしまうのか。震えて眠る日々はまだまだ続きそうです(笑)